記事

滝クリは初の最年少タレントファーストレディになるか? - 山根弘行

1/2
共同通信社

8月7日昼、一つの記者会見が日本を変えた!?

それまで、世の中は「吉本問題」一色でTVのワイドショーを始め全メディアが争って報じていたが、小泉進次郎衆院議員(38=自民)とフリーアナウンサー・滝川クリステル(41)の突然の「おもてなし婚」発表で、一気に流れが変わった。

同じ7日に元宝塚の男役トップからお笑い芸人専門の芸能事務所「プロダクション人力舎」に所属したユニーク!? な女優・遼河はるひ(43)とサッカーJリーグ2部V・ファーレン長崎所属の鈴木彩貴選手(32)との結婚が判明。翌8日には俳優・速水もこみち(34)と女優・平山あや(35)が『オリーブオイル婚』、9日に女優・新川優愛(25)が一般男性との結婚をそれぞれ発表。怒涛の“令和婚ラッシュ”によって、「吉本」関連のニュースはどこかへ飛んで行ってしまった。

まさに、人も羨む美男美女のカップル誕生!美貌と語学力に長けた伴侶を得て、小泉議員には父・小泉純一郎氏(77)に続く「総理」の期待も高くなるだろう。ちなみに「総理の最年少記録」は初代の伊藤博文の44歳だが、小泉議員は記録達成まであと6年あるから楽しみだ。

ハングリー精神でのし上がる滝川クリステル 男性遍歴も豪華

BLOGOS編集部

「ファーストレディー」候補の滝クリは、可憐な外見とは裏腹に、ハングリー精神と才覚でのし上がってきた“叩き上げ”と見る。

大学卒業時に民放キー局のアナウンス試験を受けるものの、最終まで行きながら不採用の憂き目に。フジテレビの子会社である共同テレビに拾われたが、2002年から「ニュースJAPAN」(フジ)を担当するやいなや“斜め45度の女神”として、男性ファンを中心に大ブレイク。類まれなるキャラクターと美貌に加え、自己プロデュース能力の高さを武器に2009年、フリーになってからはさらに才能がアップしていった。

英語+フランス語が話せる「トリリンガル」を活かし、13年にはIOC総会で公用語であるフランス語で東京五輪招致のプレゼンテーションを堂々とやってのけ、「お・も・て・な・し」スピーチは2020東京五輪を引き寄せた立役者として、記憶に新しいところだ。

あわせて読みたい

「滝川クリステル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    女子大生が教える最新ラブホ事情

    BLOGOS編集部

  2. 2

    N国が退潮か 我孫子市議選で落選

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    日本の金継ぎがイギリスで大流行

    幻冬舎plus

  4. 4

    東京五輪後は一切面倒見ないIOC

    舛添要一

  5. 5

    沢尻容疑者甘やかされた芸能生活

    渡邉裕二

  6. 6

    解雇規制緩和を主張する人の矛盾

    非国民通信

  7. 7

    「桜を見る会」はちっぽけな問題

    小林よしのり

  8. 8

    飲食業成功は簡単 堀江氏正論か

    メディアゴン

  9. 9

    GSOMIA破棄目前 韓国に奇策も

    文春オンライン

  10. 10

    コクヨのぺんてる買収 TOBなのか

    山口利昭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。