記事

バークシャー、第2四半期にアマゾン株の保有数を11%拡大


[14日 ロイター] - 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>は14日、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>株の保有数を第2・四半期に11%増やしたことを公表した。規制当局への提出文書によると、同社は6月30日時点でアマゾン株53万7300株(約10億2000万ドル相当)を保有。3カ月前の48万3300株から拡大した。

バークシャーは今月、第2・四半期は株式の売却が取得を上回ったと明らかにした。これは、バフェット氏やポートフォリオマネジャーのトッド・コームズ氏とテッド・ウェシュラー氏がバリュエーションに懸念を抱いている可能性を示唆している。

当局への提出文書には3氏による投資が含まれるが、内訳は示されていない。

バークシャーが第2・四半期に売却した最大の投資は建材大手USGの株式およそ17億ドル分だ。USGは4月に独クナーフが買収した。この案件の一環でバークシャーは保有していた約31%のUSG株を売却することに同意した。

バークシャーの株式投資先は引き続き金融サービスが中心となっている。同社はアメリカン・エキスプレス<AXP.N、バンク・オブ・アメリカ<BAC.N>、ウェルズ・ファーゴ<WFC.N>の筆頭株主であるほか、JPモルガン・チェース<JPM.N>の株主も多数保有する。

このほか、バークシャーは第2・四半期にUSバンコープ<USB.N>の株式保有をやや増やす一方、チャーター・コミュニケーションズ<CHTR.O>株の保有を減らした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  4. 4

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  6. 6

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  7. 7

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  8. 8

    日本は中国に毅然たる態度で臨め

    野田佳彦

  9. 9

    監視されてる? リモート疲れ限界

    NEWSポストセブン

  10. 10

    就職に不利 日本で進む博士離れ

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。