記事

「FRBの動き非常に遅い」、トランプ米大統領が再批判


[ワシントン 14日 ロイター] - 米長短金利が逆転したことで景気後退(リセッション)への懸念が強まり、株式相場が大幅に値崩れする中、トランプ大統領は14日、連邦準備理事会(FRB)の金融政策変更ペースが遅いと批判し、より迅速な行動を呼び掛けた。

FRBは先月の連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.25%ポイント引き下げ、2.00─2.25%とすることを決定した。

トランプ大統領はツイッターに「FRBは(利上げを)あまりにも急いで行い、今度は非常に動きが遅くお粗末だ」などと投稿した。

これに先立ちナバロ大統領補佐官(通商製造政策局長)はフォックス・ビジネスネットワークに対し、FRBは「一刻も早く」0.5%利下げを行うべきだとし、そうすればダウ平均株価<.DJI>は3万ドルまで値上がりするだろうと語った。

ダウ平均はこの日一時700ドル以上急落。足元2万5600ドル近辺で取引されている。米2年債と10年債の利回りは2007年以来初めて逆転した。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  7. 7

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  8. 8

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  9. 9

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  10. 10

    日本を利用し中国に媚売る文政権

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。