記事

「日本はまだまだ“怖がらせ教育”が多い」性教育YouTuber・シオリーヌさんと考える“オープンな性”

1/2

 いまネットで話題となっている“性教育YouTuber”のシオリーヌさん。“性の話を気軽に、オープンに”をモットーに、膣の入り口にカップを置いて子宮から流れてくる生理の血を受け止めてくれる「月経カップ」や、「正しいコンドームの付け方」などを動画で紹介。それぞれ動画の再生回数は100万回を超えるなど反響を呼んでいる。

 「正しい知識を知ってもらいたい」と性教育の動画を配信し続けているシオリーヌさん。しかし6月、「性的満足を目的とした性的なコンテンツの発信」が原因で、アカウントの収益化が一時停止に。停止に疑問の声が相次ぎ、翌日には解除されたものの、正しい知識を教えることがなぜ咎められるのだろうか。その背景にあるのが、“タブー視された性教育”だ。


 実際にシオリーヌさんの動画を渋谷の若者に見てもらうと、「安全日と危険日ないんだ~って」(19歳・女性)、「(コンドームの付け方について)学校教育って僕たちの代とかはだいたい筆記で終わってしまう。『Q.避妊するために大事な道具はなんですか?』『A.コンドーム』だけで成績がもらえたり」(21歳・男性)、「(生理の仕組みについて)ただこういうことがあるよというだけで、詳しいメカニズムを説明されていなかった」(18歳・男性)との声があがる。

 このような人たちに向け、いわば“先生”の代わりとなって日々動画を配信しているシオリーヌさん。12日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、シオリーヌさんとともに「日本の性教育」を考えた。
 

■「十分な知識を持たないまま妊娠する女性に伝えたい」

 シオリーヌさんが性教育に興味を持ったきっかけは、助産師として産婦人科に勤務していた経験から。望まない妊娠や十分な知識を持たないまま行為を行い、妊娠する女性たちとの出会いがあったそうで、「若年で予期せぬ妊娠をした方や、いざ妊娠・出産をする時に初めて自分の身体に興味を持ったり、今まで知らなかったことに驚いたりする人たちに、妊娠する前に伝えてあげたかったことがたくさんあるなと何度も感じた」という。


 シオリーヌさんは若者から「とにかく妊娠しない日を教えてほしい」と聞かれることが多いといい、「絶対に排卵をしないと約束できる日なんてない。動画の中でも危険日とか安全日という概念はそもそもないということを話していて、妊娠を望んでいない時にはなるべく確実な避妊を意識してほしいということをお願いしている」と答える。

 産婦人科医で日本家族計画協会理事長の北村邦夫氏は「妊娠は女性の体にしか起こらないので、日本のように男性に避妊を依存するという考えを変えたいと思っている」と説明。日本家族計画協会の調査(2016年)によると、避妊方法としてコンドームが82.0%、次が膣外射精の19.5%で、ピルが4.2%。この「ピル」について北村氏は「女性の人生を大きく変えると考えている」という。

 しかし、検索サイトで「ピル」のあとにスペースを入力すると「副作用」などのワードが出てくる。シオリーヌさんは「副作用が怖いというイメージがみなさんすごくある」とした上で、「今はホルモン量も調整されたピルができていたり、超低用量ピルもあったりする。最初に吐き気や頭痛があったとしても、2、3カ月続けて内服していくことで体が適応していって、副作用が少なくなっていくことも多々ある。すべての女性にピルを飲んでほしいとは思っていないが、副作用が怖いというイメージだけで自分の選択肢から外してしまうのはもったいない。まず、よく知った上で使うか使わないかを考えたらいいと思う」との見方を示す。


 北村氏は「避妊法開発の歴史は、女性解放の歴史に繋がる。ピルというものが世界で初めて承認されたのが1960年。日本は1999年と最近で恥ずかしい話だ。避妊ということを考えると、女性たちは男支配をずっと許してきてしまったという現実がある。妊娠は男の体に絶対起こらないこと。だから、避妊については女性が主導権を握ろうという考え方が、結果的にはピルの開発に繋がる」とした。

 一方で、「日本だと手に入りづらくはないか」「そもそも婦人科へ行くことにハードルの高さを感じる」との疑問にシオリーヌさんは、「何を聞かれるか分からないという声が若い女性からある。何を開示しなきゃいけないのかとか、行ったらパンツを脱がされるんじゃないかというような怖さもあったりする。私の動画に婦人科に行ってみるというものがあって、そういうところから婦人科へのハードルも下げていきたいと思っている」と訴えた。

あわせて読みたい

「性教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    横浜市カジノ誘致でドンと対決か

    渡邉裕二

  2. 2

    報ステの立場を奪った羽鳥番組

    水島宏明

  3. 3

    不発多い韓国の不買 今回は成果

    WEDGE Infinity

  4. 4

    辟易する日韓問題は「踊り場」に

    ヒロ

  5. 5

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  6. 6

    日本に国産戦闘機の開発能力なし

    清谷信一

  7. 7

    韓国側 輸出規制は関税より打撃

    ロイター

  8. 8

    福島産食品めぐる韓国主張に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    中国相手に香港問題 河野氏称賛

    やまもといちろう

  10. 10

    韓国政府が日韓GSOMIA破棄を発表

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。