記事

NHKから国民を守る党、立花孝志代表へ 一個人や私企業を叩くのではなく、ぜひ、国民のための仕事をしてください

1/2
「NHKから国民を守る党」の参議院議員・立花孝志代表が、同氏と同党に投票した有権者に対して『5時に夢中!』(TOKYO MX)月曜レギュラーのマツコ・デラックス氏が批判したことを受け、マツコ氏を批判する動画をYouTubeに複数回公開しました。その後はTOKYO MXの前で「出待ち」的なことをしました。さらには、同番組のスポンサーの不買も宣言しています。不買を扇動しているわけではないものの、影響力のあるご自身が「買わない」と宣言している以上、「不買運動」と表現するウェブメディアもあります。


立花氏はマツコ氏が公共の場で同党及び支持者を批判したことに対して見解を述べるべきである、と仰っております。それは正論です。ただし、この件については日本国をより良くするために働くことが求められる国会議員がやることなのでしょうか。

マツコ氏が「論客」や別の芸能人に同様の批判をし、反論された場合はキチンとその意図を説明する必要はあるでしょう。ただし、国会議員は違う。国のために働くべく多額のカネをもらい、快適に移動をしたり安く居住する特権が与えられている。それは、あなたが公表した給与明細を見ても明らかですし、それを公表したことには「あっぱれ」と言うしかありません。

そんな状況下、マツコ氏は一国民として、御党の政策に異議を呈したわけであり、その異議に対して職場まで押しかけて抗議の意を示すというのは我々の代表たる立花氏におかれましては、「それ以外にやることがたくさんあるのではないでしょうか?」とも思います。

ましてや、『5時に夢中!』のスポンサーを名指ししたうえで、「立花さんが不買するのならば私も買わない!」と一部の人が思うであろうことを扇動することは決して国のためになりません。

百歩譲って、立花氏が支持を集めた「NHKをぶっ壊す」というイシューに関連し、NHKに対して行動をするのならば、少しは筋道が通っていると思いますし、公約通りでしょう。しかし、なんでNHKではなく、MXをここまで叩くのですか?

あわせて読みたい

「NHKから国民を守る党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  3. 3

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  4. 4

    韓国GSOMIA破棄 優遇除外が理由

    ロイター

  5. 5

    GSOMIA破棄は韓国の危険な火遊び

    AbemaTIMES

  6. 6

    タニタの正規雇用中止は称賛に値

    城繁幸

  7. 7

    報ステの立場を奪った羽鳥番組

    水島宏明

  8. 8

    横浜市カジノ誘致でドンと対決か

    渡邉裕二

  9. 9

    不発多い韓国の不買 今回は成果

    WEDGE Infinity

  10. 10

    コミュ力ない人 1コマ漫画が話題

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。