記事

吉本芸人の問題は「テレビに特化しすぎた」こと

1/2

吉本問題の本質

一連の闇営業を巡る問題は、いまや矛先が変わり、吉本興業幹部への批判の声が高まっています。「吉本を辞める!」とまで言い出したタレントさんたちが一向に辞める気配がない様子は、まるで閉店セールをずっと続けているお店のようです。吉本は新たに「エージェント契約」の導入を発表するなど収束の気配を見せているものの、この問題の本質とは何だったのか。ここで私は落語家の立場から今回の出来事について述べてみたいと思います。

落語家・立川談慶さん

ズバリ言います。闇営業も含めて、所属タレントや社長による発言など、この問題のすべてに通底するのは、「大半の所属タレントが食えていない」という厳しい現実ではないでしょうか。売れる・売れないはともかく、まずは事務所を当てにせず自分の芸だけで食べていくことができていれば、そもそも今回のように紛糾することはなかったはずだと私は確信しています。

翻って落語家はというと、みんながそこそこ食べていけている状況です。そりゃもちろん、落語家だって誰もがそれぞれの生活を抱えて大変な状況にあるとは思いますが、少なくともテレビでレギュラー番組を持っていない私でも、家のローンを払い、私立高校に通う高3と高1の息子の教育費をきっちり賄い、入門前に覚悟していた貧乏生活とは程遠い状態にあります。

「談志の弟子」という看板が大きいのは確かでしょう。それにしても、私はこれまで「生活苦から落語家を辞めた」というような話は耳にしたことがありません。こうした実態を考慮すると、吉本所属のタレントさんたちに比べてかなり恵まれていると言えるでしょう。

芸人と落語家の決定的違い

では、なぜ落語家は事務所に頼らず食べていけるのでしょうか? その答えは、「テレビをメインにしない活動を行っているから」ではないかと思います。以下、わかりやすく解説するために、極端に論じます。

吉本をはじめ、養成所からスタートするお笑い芸人さんたちは、最初こそライブ活動からスタートするのが一般的ですが、一番の目的はテレビに出ることにあります。つまり、ライブで腕を磨き、テレビ出演のチャンスをゲットし、さらにはそこで気の利いたリアクションをするなどして認知してもらい、ひな壇芸人などの居場所を確保していくのが彼らの目標です(無論、例外はあります)。

一方、落語家にとってテレビは“主”ではなく“従”であり、まずは落語という技芸の習得に大半の時間を割くことになります。

養成所系の芸人さんたちと落語家との一番の違いは、「前座修行」にあります。前座修行はプロの落語家になるための通過儀礼であり、これを経ていなければプロと認められません。

落語という芸の基礎が「型」の定着である以上、どうしても必要な期間であり、その間はまずは入門した師匠の身の回りの世話から始まり、寄席に入ったら太鼓叩き、高座返し、着物たたみと楽屋作法をたたき込まれます。ちなみに私の場合は、寄席の楽屋での修行がない分、談志からのマンツーマンで鍛えられました。

テレビが現れる前から存在していた

通常3年から4年でクリアする前座修行を、私は談志の下で9年半も務めました。その間、落語家はマスコミに自分を売り込む活動は許されていません。あくまでも前座としての労働を全うすることこそが彼らの本分であり、その掟(おきて)を破れば師匠ともども、非難の対象となってしまいます。

養成所系のお笑い芸人さんが「テレビが進化するとともに発展した存在」ならば、われわれ落語家は「テレビが現れる前から存在していた」と比較できるでしょう。これは決して優劣のことを言っているのではなく、単なるタイプの違いにすぎません。目指す方向性の違いによってやらなければならないことが異なり、結果として住む世界も変わってくるのです。

われわれ落語家は、テレビに特化した形で芸を磨くのではなく、あくまでも落語という芸のレベルを上げるために日々を費やします。テレビに基軸を置いて活動する落語家もいますが、そういう人でもすべて、前座修行のプロセスを経ています。その意味で、この前座修行の期間こそが落語家とお笑い芸人を区別する大きな要素と言えるでしょう。

談志のような天才でも、文楽や志ん生といった昭和の名人でも、落語家はみな等しく前座修行からスタートします。この非常に公平なシステムがあるからこそ、その後の最低限の生活が保障されるのではないかと私はひそかに思うのです。

前座修行は、税金の先払いのようなもの

前座時代、練馬にある談志の一軒家は、私にとってまさに「道場」でした。あいさつの仕方をはじめ、すべて毎日怒鳴られながら教えられてきたのです。

そんな金も何もない、ただ怒られるだけの立場である前座には、必然的にお客様から道場ならぬ“同情”が集まります。そして、その同情が愛情に転じ、時には「かわいそうだから今度、前座さんの落語会を開いてあげよう」となることもあります。

入門28年目の私ですが、今でも独演会には当時からお世話になっている方々が来てくれます。そう考えると、談志に怒られ続けた前座修行の期間は、税金の先払いのようなものだったのかもしれません。いまだに続くその恩恵は、まさに年金のよう。仲良くしている芸人・ポカスカジャンの大久保ノブオさんは、「落語家さんは芸人の中の公務員ですよね。いざというときに一番強いのは落語家さんですよ」と言いました。

8年ほど前、私は長野県佐久市にある総合文化施設、「コスモホール」の館長を2年間務めたことがあります。公的なお金を使ってお笑いを企画するとなると、どうしても老若男女が安心して笑えるものが中心となり、そうなるとやはり落語にお鉢が回ってくることになります。

さらに、どんな場所でも座布団1枚あれば実演可能というリーズナブルさも追い風となります。漫才の場合は最低でも2人必要で、交通費や宿泊費などの経費も倍増します。これもまた、テレビに頼らずとも食べていける理由の1つでしょう。

あわせて読みたい

「吉本興業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  3. 3

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  4. 4

    韓国GSOMIA破棄 優遇除外が理由

    ロイター

  5. 5

    GSOMIA破棄は韓国の危険な火遊び

    AbemaTIMES

  6. 6

    タニタの正規雇用中止は称賛に値

    城繁幸

  7. 7

    報ステの立場を奪った羽鳥番組

    水島宏明

  8. 8

    横浜市カジノ誘致でドンと対決か

    渡邉裕二

  9. 9

    不発多い韓国の不買 今回は成果

    WEDGE Infinity

  10. 10

    コミュ力ない人 1コマ漫画が話題

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。