記事

「れいわ新選組」山本太郎に票を奪われ統一会派に声がかからない共産党が可哀想

 支持団体同士の仲が悪くて立憲民主党も共産党も老人が支持者の中心である以上、勢いがあって若い人からの支持がほんのりある、れいわ新選組のほうが野党連合としては共産党より有望なのは当たり前なんですよね。

 選挙結果から見ても分かる通り、れいわ新選組は共産党に票を入れる浮動票をごっそり奪って、左派・現状批判票のゼロサムゲームには乗りやすいわけですから。

共産、野党で蚊帳の外 共闘推進も統一会派からは除外 https://www.sankei.com/politics/news/190809/plt1908090028-n1.html
野党共闘強く大きく/滋賀で共産党創立記念集会/山下副委員長「改憲にとどめ」/嘉田氏ら他党も参加 https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-08-12/2019081204_01_1.html

 れいわ新選組支持層に関して言えば、リアル選挙分析チームがパネル結果を発表していまして、「日本の未来は明るいと思わない人」「働く貧困」「若手独身非正規」や「失業者」から多くの票を集めていることが何となく分かります。留保されることは、この調査はあくまでネットアンケートに答えた有権者によるものであるというバイアスがかかるという点ですが、出口調査の数字とかなりあっている部分がありそうなので、極めて実態に近い、良い調査だったのではないかと思います。

投票行動データから浮かび上がる「希望分断社会」|#リアル選挙分析 参院選2019|note(ノート) https://note.mu/real_election/n/nf780007ffd90

 一方で、みらい選挙プロジェクトが地域別のれいわ新選組の得票マップを作っていましたが…。

立憲民主党の票はれいわ新選組に流れたのか(第25回参院選精密地域分析Part1)|三春充希(はる) ⭐みらい選挙プロジェクト|note(ノート) https://note.mu/miraisyakai/n/n07237a363319

 単に投票地区別のれいわ得票率を並べてみているだけなのに、全地域から得票があるという理由だけで「れいわ新選組がポピュリズムではない」とかいう党派性丸出しの評価をしていて、その情報からその評価を導き出している理由、根拠が良く分かりません。

 地域別得票数は正確な情報でも、その情報から読み解きようのない「政策主張がポピュリズム的か」という評価にまで踏み込んでいるのは、意味があんまり理解できないんですよね。

 せめてパネル調査を暖めてクロス分析でもしてくれないかと思うのですが。

 おそらくは、共産党と立憲民主党の浮動票がかなりの割合でれいわ新選組に流れていった現象については、他でも指摘されている通り既存政党に対する有権者の信頼感の低下や、現状批判票の受け皿の不在によるものが大きく、NHKから国民を守る党も含めてノイジーマイノリティやワンイシュー状態からどうやって抜け出すのか興味を持って見守りたいと思います。

 ただ、共産党はネットで騒ぐ割に得票が低下した理由について、もう少し真剣に考えたうえで、野党共闘や統一会派の枠組みに合流しない限り、支持団体とともに衰退していく泡沫政党に陥らざるを得ません。むしろ、共産党こそれいわ新選組のような比較的若い層(失業者を含む)を取り込まなければならなかったのが、それに失敗しつつある現状は憂慮したほうがいいと思うんですよね。

 パネルについてはこれからもいろいろ結果を見ていきたいと思います。



やまもといちろうメルマガ「人間迷路」

あわせて読みたい

「日本共産党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  3. 3

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  4. 4

    韓国GSOMIA破棄 優遇除外が理由

    ロイター

  5. 5

    GSOMIA破棄は韓国の危険な火遊び

    AbemaTIMES

  6. 6

    タニタの正規雇用中止は称賛に値

    城繁幸

  7. 7

    報ステの立場を奪った羽鳥番組

    水島宏明

  8. 8

    横浜市カジノ誘致でドンと対決か

    渡邉裕二

  9. 9

    不発多い韓国の不買 今回は成果

    WEDGE Infinity

  10. 10

    コミュ力ない人 1コマ漫画が話題

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。