記事

正午のドルは106円前半、楽観広がらず戻り売り


[東京 14日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準から円高の106円前半。前日は米国が対中関税の一部延期を表明したことで円が広範に下落したが、楽観ムードは続かなかった。ドルは一時106.23円まで反落した。

トランプ米大統領は関税発動延期の理由を、クリスマス商戦で「一部関税の影響が米消費者に及ばないよう」にするためと説明。市場では「ただ米に都合のいいようにしただけで、問題は何ら変わっていない」(トレーダー)との声が出ていた。

円は他通貨に対しても堅調。豪ドルは海外高値の72円後半から前半へ反落した。中国で発表された鉱工業生産など7月の経済指標が軒並み予想を下回ったことも、市場の楽観に冷や水を浴びせた形となった。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  4. 4

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  6. 6

    トランプ氏の側近3人 暗躍失敗か

    WEDGE Infinity

  7. 7

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  8. 8

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  9. 9

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  10. 10

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。