記事

前場の日経平均は反発、米株高受け上昇後は小動き


[東京 14日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比129円46銭高の2万0584円90銭となり、反発した。前日の米国株高が好感されたほか、外為市場でドル/円相場が、106円台後半まで円安となったことが好感され、先物主導で上昇した。ただ、買いが一巡した後は模様眺めとなり、薄商いの中、プラス圏での小動きとなった。

米通商代表部(USTR)は13日、9月1日に発動予定の中国製品に対する10%の追加関税のうち、ノートパソコンや携帯電話など一部製品への発動を延期すると発表。これを受けて米国株式市場は主要3指数が上昇したほか、ニューヨーク外為市場でドル/円は一時106.97円まで円安に振れた。

また、寄り前に内閣府が発表した6月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、前月比13.9%増とロイターの事前予測調査の予想である前月比1.3%減を上回ったことも注目された。

これらを受けて朝方は、先物市場でショートカバーが活発化。輸出関連株のほか、ファーストリテイリング<9983.T>など指数寄与度が高い銘柄が買い優勢でスタート。東洋証券・ストラテジストの大塚竜太氏は「立ち合い中に、さらに円安が進むなどすれば、先物主導で上値を追う可能性もある」と指摘していた。

ただ、ドル/円相場も大きく振れず、「香港のデモなど地政学リスクもある。材料不足でリスクオフトレンドの転換には至らない」(国内証券)といった声もあり、買い一巡後、株価全般は伸び悩んだ。

個別では、トヨタ自動車<7203.T>をはじめ輸出関連株に高い銘柄が目立つほか、オークマ<6103.T>、アマダホールディングス<6113.T>、ファナック<6954.T>など機械株がしっかり。業種別株価指数では、不動産業、電気・ガス業、陸運業など内需関連が下げたものの、他は総じて高い。TOPIXは0.52%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は9131億円と1兆円を割り込んだ。

東証1部の騰落数は、値上がりが1461銘柄に対し、値下がりが607銘柄、変わらずが79銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  4. 4

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  5. 5

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  6. 6

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  7. 7

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  8. 8

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

  9. 9

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  10. 10

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。