記事

タピオカドリンクの有名店で不買運動、「香港と団結」呼び掛けで


[北京 8日 ロイター] - 日本でも流行しているタピオカドリンクが生まれた台湾の複数の有名店に対し、中国本土で不買運動が起きている。香港で続くデモに対し、連帯を呼び掛けたためだという。

きっかけは、タピオカドリンクなどお茶をベースにした飲み物を製造している一芳(イーファン)台湾水果茶が、香港で1店舗を1日閉店させ、「香港人と団結しよう」という中国語の掲示を出したこと。この看板の写真が中国本土のソーシャルメディアで拡散し、「香港の独立を支援している」と非難するユーザーの怒りを買った。

不買運動は、貢茶(ゴンチャ)、喜茶(シィーチャ)、都可(ココ)、一点点ダイ茶(ア・リトル・ティー)など、他のタピオカドリンクを出している店に広がった。これらの一部は日本にも出店している。

一芳などは、中国版ツイッター「微博」のユーザーによってブラックリストに載せられた。微博に投稿された「あなたの店ではもう1セントも使わないので、安心してほしい。一芳はゴミだ」というコメントには、1500件以上の「いいね!」が付いた。

一芳の中国本土店はソーシャルメディアで、掲示を出した非常勤スタッフを解雇し、店舗を閉鎖したと説明。だが、一芳の香港店はロイターに対し、まだ誰も解雇されておらず、店舗も閉鎖されていないと述べた。

喜茶と貢茶は火消しに努めており、「一国二制度」「一つの中国」を支持すると表明した。都可と一点点からのコメントは得られなかった。

あわせて読みたい

「香港デモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  3. 3

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  4. 4

    韓国GSOMIA破棄 優遇除外が理由

    ロイター

  5. 5

    GSOMIA破棄は韓国の危険な火遊び

    AbemaTIMES

  6. 6

    タニタの正規雇用中止は称賛に値

    城繁幸

  7. 7

    報ステの立場を奪った羽鳥番組

    水島宏明

  8. 8

    横浜市カジノ誘致でドンと対決か

    渡邉裕二

  9. 9

    不発多い韓国の不買 今回は成果

    WEDGE Infinity

  10. 10

    コミュ力ない人 1コマ漫画が話題

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。