記事

米大統領選の民主指名争い、ヒッケンルーパー氏が撤退検討=新聞


[13日 ロイター] - 米コロラド州のジョン・ヒッケンルーパー前知事は、2020年の大統領選の民主党候補指名争いから退き、コロラド州の連邦議会上院選に立候補することを検討している。13日付のニューヨーク・タイムズ紙が民主党関係者4人の話として伝えた。

大統領選挙とともに実施される2020年の連邦議会選挙で、民主党は上院を掌握するために共和党から3議席を奪還する必要がある。

コロラド州は支持者が共和、民主のどちらか一方に大きく傾くことが少なく、トランプ大統領の支持率も低い。そのため民主党内では、上院奪還に向け同州での議席確保に期待が高まっている。

現職のコリー・ガードナー上院議員に打ち勝つため、知名度の高いヒッケンルーパー氏がコロラド州の上院選に出馬するべきだとの声が上がっている。

約20人が名乗りを上げる民主党候補指名争いでヒッケンルーパー氏は苦戦している。関係筋によると、ヒッケンルーパー氏の選挙活動スタッフは今年6月、候補指名争いから見苦しくない方法で退く方法を模索するよう同氏に伝えた。

ニューヨーク・タイムズ紙によると、ヒッケンルーパー氏の上院選への鞍替えの話は、コロラド州選出の上院議員で民主党候補指名争いに名乗りを上げているマイケル・ベネット氏の車の中で行われた。ベネット氏の広報担当者は、9日にベネット氏とヒッケンルーパー氏がアイオワ州で話をしたことは確認したが、内容は明らかにしていない。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  5. 5

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  6. 6

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  9. 9

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  10. 10

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。