記事

教員不足は政治の問題

朝日新聞が「公立小中、先生が足りない 全国で1241件「未配置」』(8/5)と伝えている。非正規の教員が見つからないことを理由としているが、このことは今に始まったことではない。



■負のスパイラル

 同記事によると、『少人数学級の担当や、病休や産休・育休をとっている教員の代役などの非正規教員が見つからないため』であり『全国の公立小中学校約3万校の約4%で教員が想定より足りない』としている。

 以前にも書いているが、東京都の場合は、さらに都内の公立小学校のすべてに特別支援教室を設置したことでさらに教員が必要となっていることや団塊世代の教員が退職する時代になっていることも理由にある(特別支援教室を設置したことはとても良いこと)。

 これらのことは、平成30年にあった文部科学省中央教育審議会でも議論されているように今に始まったことではない。

 正規教員が足りない穴埋めを、非正規教員で穴埋めしようとしていて、その非正規教員のなり手不足が教員不足に影響しているのがその実態だろう。
「アゴラ」で『なぜわが子の担任が見つからないの? 東京都の講師採用から考える』と題して中沢良平さんが記事を書いているのでご参照にしていただきたい(2019年08月08日)が、正規、非正規を問わず教員を使い捨てているようなことが根本的な問題だろう。

 教員の非正規問題は小中学校に限ったことでもない。『大学教員の半数近くが非常勤講師』との実態も報告されている(『本業なし非常勤講師の急増で、日本の大学が「崩壊」する』NEWSWEEK日本版/2018年4月11日/舞田敏彦(教育社会学者)さんの記事より)。

 このようなことが行われていることが結果として教員のなり手不足なり、それが多忙化となり、さらになり手不足になる負のスパイラル状態が今だろう。

■無償化の前に

 2018年版OECDインディケータ(Education at a Glance)から「日本の国内総生産(GDP)に占める教育支出の割合」(画像参照)を見れば『OECD平均を下回る。OECD加盟国では平均してGDPの5%が初等から高等教育段階の教育機関に充てられるが、日本の場合、その割合は4.1%である。初等・中等教育段階では特に低く、OECD平均3.5%に対し、日本は2.7%である)。



 日本はまた、他のOECD加盟国に比べ、一般政府総支出に占める教育支出の割合も小さい。OECD加盟国平均8%に対し日本では、公財政支出総額の6.3%が初等・中等及び高等教育以外の中等後教育に費やされる。OECD平均との差は高等教育において更に顕著で、その割合は公財政支出の1.7%であり、これはOECD加盟国平均3%の半分をやや超える程度である』

 つまり、OECD加盟国と比べて、政府による教育への支出が少ないことがよく分かるデータだ。

 保育料無償化、大学無償化が進められている。考え方としては良いと思うが、やるべきことは他にあると思えてならない。質を担保するのは施設だけでなく、人が重要だ。教職員、保育士などの待遇を考えることが質の向上となり、日本の未来を左右することになる。教育や保育への税の支出を増やしていくことがこれからの政治には必要ということだ。

 目先の人気取りで無償化をするのではなく、国の将来を見据えた根本的なことを実行する政治が必要と改めて記事を読んだ。これも今に始まったことでないが。

【参考】
武蔵野市が教員募集中 背景に教員不足(2018年10月12日)

あわせて読みたい

「教員不足」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    年金生活者に支援給付金の新制度

    Hirotaka Kanno

  2. 2

    男性を手玉にとる若い女性の不安

    幻冬舎plus

  3. 3

    昇進に影響? 忘年会スルーへ警鐘

    かさこ

  4. 4

    野口健 グレタさんを非難し賛否

    女性自身

  5. 5

    韓国が安倍政権を叩き始めたワケ

    NEWSポストセブン

  6. 6

    日本は最も成功した社会主義国

    自由人

  7. 7

    サンド M-1でアマに負けた悔しさ

    幻冬舎plus

  8. 8

    シン・ウルトラマンに見るヲタ魂

    krmmk3

  9. 9

    ヘイト禁止条例に潜む日本人差別

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    ネット投稿に熱中する孤独な人々

    文化通信特報版

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。