記事

【読書感想】メタ思考トレーニング 発想力が飛躍的にアップする34問

1/2

メタ思考トレーニング 発想力が飛躍的にアップする34問 (PHPビジネス新書)
作者: 細谷功
出版社/メーカー: PHP研究所
発売日: 2016/05/18
メディア: 新書
この商品を含むブログ (2件) を見る

Kindle版もあります。

メタ思考トレーニング 発想力が飛躍的にアップする34問 PHPビジネス新書
作者: 細谷功
出版社/メーカー: PHP研究所
発売日: 2016/05/27
メディア: Kindle版
この商品を含むブログを見る

内容紹介
メタ思考とは、「物事を一つ上の視点から考える」こと。その重要性はしばしば語られますが、実践するのは容易ではありません。例えば自分自身を「幽体離脱して上から見る」こと(=メタ認知)は、自己成長のためには必須の姿勢であるとよく言われますが、実際にそれができている人はそう多くはないでしょう。
そこで本書では、メタ思考を実践するための二つの具体的な思考法(「Why型思考」と「アナロジー思考」)を紹介するとともに、それをトレーニングするための演習問題を多数用意しました。

●問題:「信号機」と「特急の停車駅」の共通点は?
●問題:「経理業務」と「スポーツ審判」の共通点は?
●問題:「タクシー」と「土産物屋」の共通点は?
●問題:お寿司以外の「回転○○」を考えよ。
●問題:「顧客の気持ちに絶対になれない職業」とは?
●問題:「年賀状がたくさん来る人」とはどんな人?

……問題を解いていくうちに思考回路が変わり、考える力が飛躍的にアップする1冊!

【本書の構成】
第1章 ウォーミングアップ編
第2章 Why型思考のトレーニング
第3章 アナロジー思考のトレーニング
第4章 ビジネスアナロジーのトレーニング

 Kindle本の新書人気ランキングでずっと上位にいるんですよね、この本。

 もちろん、Kindle unlimitedの「定額読み放題」に含まれているというのも大きいのでしょうけど、その中にもたくさんの本があるわけです。

 僕は基本的には、お金を払っても読みたい本から読むことにしているのですが(もう余命もそんなに長くはなさそうなので)、なんとなく気になって(そして正直、今月は本代がかさんでいるので)読んでみました。

 本書のテーマは「メタ思考」です。

 メタという言葉はあまり馴染みのない言葉かもしれません。文字通りの意味は、あらゆるものを一つ上の視点から客観的に見てみるということです。

 例えば「もう一人の自分の視点で自分を客観視してみる」ことが重要だと言われることがあります。このように自分自身を「幽体離脱して上から見る」ことは「メタ認知」と呼ばれ、視野を広げて自分を客観視するために必須の姿勢であると言われています。

 要は、様々な物事を「一つ上の視点から」考えてみることが重要だ、というのが本書で伝えたいメッセージです。

 「一つ上の視点から」って言われても、なんだかよくわからないですよね。 

 しかしながら、この本を読んで、まるでクイズみたいな問題を考えてみると、なんだか少し、自分の視野が広がったような気がするのです。

「基本編」の最初に、こんな演習問題が出てきます。

【演習問題】皆さんは(上司やお客様から)「ドローンについて調べて報告して」と言われました。次に取るべきアクションを一分間でなるべく多くあげてください(目安:十項目)。

例:
・インターネットで検索する
・(社内でよく知ってそうな)○○さんに聞いてみる
・関連書籍を買う

 例にあげられている3つくらいは思い浮かんでも、10個となるとなかなか難しい。

 著者は、こんなふうに【解説】しています。

 以下のチェックポイントにしたがって、皆さんの思考の癖を確認してください。

 まず一つ目のチェックポイントですが、皆さんがあげたアクションを大きく二つに大別してみてください。

 一つは、
(1)「ドローンについて調べる」というその依頼事項を実行することを前提として、それをどうやって「具体的に」「実行するか」に関してのアクションです。例えば、
・アメリカの導入事例をネットで調べる
・海外の入門書の電子書籍を読む
・試しに安いドローンを自分で購入してみる
 といったことです。

 そしてもう一つは、
(2)「なぜドローンについて調べる必要があるのか?」と問題そのものに一度疑問を呈して、依頼のそもそもの目的を確認するためのアクションです。例えば、
・「その調査結果を何に使うのか」を依頼主に確認してみる
・調査目的が何かの仮説を立てる
 といったことです。

 多くのアクションは(1)のタイプだったと想像しますが。中には(2)の方向性で「そもそもの目的を確認する」といったアクションをあげた人もいるかもしれません。

 これは皆さんの思考回路が、具体性、実行重視のHow志向か、目的重視のWhy志向かのチェックです。もちろん本書でいうメタ思考に近いのはWhy志向のほうです。

 このように、問題解決におけるメタ思考とは、いきなり問題を解き始めるのではなく、まず「問題そのものについて考えることを意味するのです。

あわせて読みたい

「仕事術」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  3. 3

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  4. 4

    韓国GSOMIA破棄 優遇除外が理由

    ロイター

  5. 5

    GSOMIA破棄は韓国の危険な火遊び

    AbemaTIMES

  6. 6

    タニタの正規雇用中止は称賛に値

    城繁幸

  7. 7

    報ステの立場を奪った羽鳥番組

    水島宏明

  8. 8

    横浜市カジノ誘致でドンと対決か

    渡邉裕二

  9. 9

    不発多い韓国の不買 今回は成果

    WEDGE Infinity

  10. 10

    コミュ力ない人 1コマ漫画が話題

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。