記事

独自の騒音調査で判明、「ムクドリの騒音」が“最強”説 羽田空港や新橋駅の高架下よりもムクドリだった


 夏の夕刻の空を黒一色に染める大量の小さな飛来物。その正体はムクドリだ。体長は24センチと小柄だが、群れで行動する習性から今、場所によっては社会問題に発展している。夕方から夜にかけて行動が活発化し、街路樹に集まるムクドリ。その数は多い時で数千匹ともいわれている。

 ムクドリ研究の第一人者である都市鳥研究会の副代表を務める越川重治氏は「もともと畑があって民家があるとか、そういうところが好きな場所だった。夜になると1カ所に集まる『集団ねぐら』が見られる要因は、都市部には猛きん類、とくにタカやハヤブサなどが入りにくい場所なので安全な場所であることがわかって、都市部に移動してきたと考えられている」と話した。


 11日にAbemaTVで放送された『Abema的ニュースショー』では、その騒音被害の実態を独自に調査すべくテレビ朝日の三谷紬アナウンサーがムクドリ大量飛来の現場へ。その騒音を専用の機器で計測すると、数値は96.5デシベルだった。

 この数値と比較すべく次に向かったのは、若者や多くの外国人観光客で賑わう渋谷ハチ公前交差点。大量の人が行き交う中で計測した騒音は80.1デシベルでムクドリの圧勝。三番目に向かったのは、羽田空港滑走路付近。海を挟み数百メートル離れた位置から計測した数値は85.6デシベルで、またしてもムクドリに軍配。最後に向かった先はサラリーマンの聖地・新橋駅前ガード下。ここでの数値は92.3デシベルで、結果はムクドリの全勝だった。


 ムクドリの騒音に悩む場所では、ムクドリの天敵であるタカを使って駆除をする会社まで出現。ちなみに1回の駆除費用はセットプランで約30万円だという。

 なお人間とムクドリの共存について越川氏は「各自治体が自分のところだけでいいと対応するのではなく、“ここだったら”という場所をいくつか決めて、ねぐらを一番被害の少ないところに固定していくことが大事だ」と話した。
(C)AbemaTV

▶映像/独自の騒音調査で判明、「ムクドリの騒音」が“最強”説

あわせて読みたい

「騒音」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    横浜市カジノ誘致でドンと対決か

    渡邉裕二

  2. 2

    報ステの立場を奪った羽鳥番組

    水島宏明

  3. 3

    不発多い韓国の不買 今回は成果

    WEDGE Infinity

  4. 4

    辟易する日韓問題は「踊り場」に

    ヒロ

  5. 5

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  6. 6

    日本に国産戦闘機の開発能力なし

    清谷信一

  7. 7

    韓国側 輸出規制は関税より打撃

    ロイター

  8. 8

    福島産食品めぐる韓国主張に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    中国相手に香港問題 河野氏称賛

    やまもといちろう

  10. 10

    韓国政府が日韓GSOMIA破棄を発表

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。