記事

加藤浩次、エージェント契約で妻にスケジュール管理を依頼

 8月10日放送の『極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!』(MBSラジオ)で、極楽とんぼの加藤浩次が、吉本興業との今後の関係について語った。

 新たに設けられるエージェント契約をする予定の加藤は、その場合のスケジュール管理について「香織と今、しゃべってるんだけど」と、妻で元タレントの緒沢凛として知られる香織さんに任せるプランがあることを明かした。

 香織さんは「『40歳過ぎたら自分のやりたいことが見つかる』って占い師に言われたから、もしかしたらそれかな」と言っていたという。

 加藤は「そのぐらいから始めていいのかな、って感じなの、俺は」と妻と一緒に新たな気持ちで活動を続けていく可能性を示唆した。

 吉本興業は8月8日に、第1回経営アドバイザリー委員会を開き、新たに専属エージェント契約を導入することを発表。8月9日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、加藤はその制度を自ら考案し、受け入れられたことを明かしていた。

 一部メディアでは「吉本残留」と報じられたが、『オレたちちょこっとやってまーす!』では「全然残留じゃねーよ」と反論。「残留というと、今まで通りの残留となるじゃないですか。僕は吉本というエージェントを通して、吉本の仕事をする。ほかの仕事はほかのエージェントを通してやる。これを大崎(洋)会長はOKしてくれた」と真意を説明した。

 今後は「やっぱりテレビ、ラジオは吉本が強いから、吉本の仕事で。出版関係だったら出版に強い人と話をして、連載の話があったりすれば、その人とどんどん幅が広がるじゃない。吉本通さずにやっていい」と、今後は自分が「社長」あるいは「雇用主」のような立場でやっていくという。

 また、エージェント制にはメリットだけではなく「自由をいただいてるわけだから、何かあったらリスクを負わなきゃいけない。自分でリスクマネジメントの代理人を雇って対応しなきゃいけない」と、自由を享受するがゆえの責任を背負うことも語っていた。

 加藤と香織さんは 番組共演で知り合い結婚。3子をもうけており、『めちゃ2イケてるッ!』(フジテレビ系)にも家族5人でたびたび出演してきた。子供たちも大きくなり、手もかからなくなったことから、香織さんが加藤のサポートをおこなう可能性は高そうだ。

あわせて読みたい

「加藤浩次」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  3. 3

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  4. 4

    GSOMIA破棄は韓国の危険な火遊び

    AbemaTIMES

  5. 5

    韓国GSOMIA破棄 優遇除外が理由

    ロイター

  6. 6

    タニタの正規雇用中止は称賛に値

    城繁幸

  7. 7

    報ステの立場を奪った羽鳥番組

    水島宏明

  8. 8

    横浜市カジノ誘致でドンと対決か

    渡邉裕二

  9. 9

    不発多い韓国の不買 今回は成果

    WEDGE Infinity

  10. 10

    コミュ力ない人 1コマ漫画が話題

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。