記事

海賊版サイト 被害を訴える漫画家が少なかった理由

海賊版に悩みながら被害を訴えづらかった(イメージ)

 海賊版サイトの問題、とくに漫画をめぐる問題は、作品を勝手に掲載されている漫画家が、声をあげづらい雰囲気があると言われる。被害者なのは間違いないのに、なぜ、萎縮して過ごさねばならないのか。ライターの森鷹久氏が、身動きが取りづらいと嘆く漫画家が置かれている状況などについてレポートする。

 * * *

「ハッとしました。私の漫画のファンではなかったのか、私の作品を愛してくれていたのではないのか。体中の力が抜け、涙が溢れた。私のやっていることは何なのだろうと」

 絶対匿名を条件に筆者の取材に応えてくれたのは、漫画家の田宮サトシさん(仮名)。漫画誌の連載経験もあり、単行本も発売されている。十代から十数年、漫画家のアシスタントなどを務め、やっと掴んだ「漫画家」の夢。そんな彼の思いを打ち砕いたのは、とあるネット上の書き込みだった。

「私の作品の登場人物をSNSのアイコンにしているユーザーが“漫画村復活を望む”と書き込んでいたのです。たったそれだけ、そう思われるかもしれません。でも、作品もキャラクターも、私にとっては子供みたいなもの。その子供を愛してくれているはずの人が、そうした考えだったのかと」(田宮さん)

 日本中の漫画作品を、著作権者に無断でネット上にアップロードしていたとして「漫画村」の実質的管理人と見られる男がフィリピン当局に拘束された。被害額は3000億円規模とも言われているが、漫画村の閉鎖に関して、ネット上ではにわかに信じがたいような書き込みが散見されたのを、筆者も確認している。

「漫画なんかタダで読ませろ、出版社からギャラが出ているだろう、そうした書き込みが少なくない数ありました。漫画村の復活を望む人たちの声です。彼らは、法律を知らない小中学生かもしれない。著作権云々を彼らに説いても無駄かもしれない。でもそれは、作品だけでなく、クリエイターそのものを殺す行為なのだと、何とか理解して欲しかったのです」

 何度も繰り返されている説明だが、漫画家は、皆が思っているほど高給取りではない。雑誌連載の原稿料に、単行本を出版してその売上げを得て、ようやく仕事だと胸が張れる。デジタル化がすすんでいるとはいえ、漫画を描くのは時間も技術も必要な作業だ。その結果、生まれた漫画が一人でも多くの人に親しまれるようにと、最近は漫画家みずからがネットで自著の宣伝をすることも珍しくない。

「多くの人に読まれたい」というのは、漫画家や作家が抱く当たり前の感覚だろう。時には「タダでもいいから読んでほしい」と思うことだってあるかもしれない。筆者の原稿ですらそうだ。しかし、筆者の取材などとは比べ物にならないほどの労力をかけて生み出された作品について「タダで読ませろ」と言われてしまったら、心が折れてしまうのも痛いほどわかるつもりだ。しかし、こうした声、当たり前の権利を主張する声は、特に漫画村をめぐる騒動においては、なぜかネット全体に広がっているとは言いづらい状況にある。

「ネット上に、こうした信じられない反応がある通りです。もし私が声を上げていたら、私だけでなく私の作品や、私が関わった全ての作品が攻撃されたでしょう。声に同調した漫画家さん、先生の作品や人格も否定されることだって予想できました。だからこそ、黙ってやりすごすしかなかった。考えてみてください、愛する我が子が悪者に誘拐されて、悪い意味で見世物にされている。悪者はそれで金儲けまでしている。それでも黙っているしかなかった」

 漫画は人気商売だ。ネットでの漫画家への好感度が、その作品への風評に影響を及ぼす可能性は高い。違法海賊版を持ち上げるような理不尽な雰囲気が強まっても、少なくともネットではじっと黙ってやり過ごすしかないと諦める人が少なくない。例えば、漫画村に対する反対意見を明確にしている漫画家は、漫画村に違法にアップロードされている作品数と対比してみると、驚くほど少ないことがわかる。

 漫画村を否定した漫画家の元には、SNSで漫画村を肯定するユーザーから“意見”が寄せられる。漫画村を肯定する理由が意見として送られてくるのならばまだ良い。五流漫画家のくせに調子にのるな、お前の漫画などもともと売れていない、漫画村のおかげで読まれるようになった…このような“意見”を受け取った漫画家たちの心境といえば、もう黙るしかなくなるのだ。ダイレクトメールで寄せられるだけではない。他のユーザーにも見える形で罵詈雑言を浴びせられ、うっかり応じてしまえば「読者と喧嘩する漫画家」という風に捉えかねないのである。

 もっとも、大手出版社などはすでに顧問弁護士と対策に乗り出していたが、対応をおおっぴらにしてしまえば、相手(漫画村運営者)の土俵に上がらざるを得ない。ちょうど、官民を巻き込んで「サイトブロッキング」の議論がなされていたタイミングでもあり、一つの出版社や個人が動き出すにも、時期が悪かった。漫画村に我慢しかねてブロッキングに賛成すると「現政権賛成派か」とか「表現規制に反対するのか」とレッテルを貼られ、反論の余地もなかった。

 漫画村をめぐる騒動についてチェックしている弁護士も、田宮さん同様の見解だ。

「ありとあらゆる漫画が違法にアップされている以上、著作権者や出版社が一気に立ち上がれば、違法サイトは消えて無くなるのではないか?という見方もありました。しかし、運営者自身が自らの情報を秘匿しており、特定ができないから訴える事ができなかった。そして運営者が発覚しても、みなさん、積極的に係争しようとはしません。漫画村という違法サイトを糾弾することで、自身が攻撃されないか、あるいはさらにひどい仕打ちを想像される方もいました。自宅を特定されたり、嫌がらせをされたり、作品の悪評をばら撒かれたり、という事です。被害を受けている漫画家がこれだけいるのに、やはり皆さん、立ち上がる事を躊躇されていたのです」

 しかし、実質的な管理人が身柄を拘束され、関係者の男女二人が、著作権物を違法にネット上にアップしたとして逮捕されたことで、やっと情勢が変わりつつあるようにも見える。当初は「よくある海賊版サイトでしょ」と興味を示さなかった新聞記者たち、民放テレビ局の記者たちの耳にも、ついに被害者たちの声なき声が届き始めた。違法サイト運営の仕組みが明らかになると共に、どんなに身元を隠して違法行為を働いたとしても、結局は罰を受けることになるという当然の摂理を、漫画村の利用者だけでなく、全ての人々が、改めて理解しなければならない。

あわせて読みたい

「漫画村」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    横浜市カジノ誘致でドンと対決か

    渡邉裕二

  2. 2

    報ステの立場を奪った羽鳥番組

    水島宏明

  3. 3

    不発多い韓国の不買 今回は成果

    WEDGE Infinity

  4. 4

    辟易する日韓問題は「踊り場」に

    ヒロ

  5. 5

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  6. 6

    日本に国産戦闘機の開発能力なし

    清谷信一

  7. 7

    韓国側 輸出規制は関税より打撃

    ロイター

  8. 8

    福島産食品めぐる韓国主張に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    中国相手に香港問題 河野氏称賛

    やまもといちろう

  10. 10

    韓国政府が日韓GSOMIA破棄を発表

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。