記事

正午のドルは105円半ば、実需の買いで安値から反発


[東京 13日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場の午後5時時点(105.29/32円)に比べ小幅にドル高/円安の105円半ば。ユーロは118円前半。

早朝の取引では、ドルは一時105.16円まで下落したが、仲値にかけては輸入企業など実需勢によるドル買いが散見され、持ち直した。ただ、ドルの地合いは引き続き軟調との見方が多い。

ドルは前日一時105.05円と1月3日以来の安値、ユーロは117.52円と2年4カ月ぶりの安値をつけた。ユーロ安はイタリアの政治の安定性に対する不安が一因だという。

中国人民銀行によると、人民元の対ドル基準値は1ドル=7.0326元、前営業日終値は7.0585元となった。きょうの基準値は2008年3月25日以来の元安水準となるが、為替市場の反応は薄かった。

米国による中国の為替操作国認定もあり、前週前半の外為市場では、基準値に対する関心が高かったが、現在は「(基準値が)ネタとしてやや色あせてきた」(外銀)との意見も出ていた。

あわせて読みたい

「為替」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    肺炎対応で読み取る各国の戦時中

    奥山真司

  2. 2

    辻元氏が個人党会費の転用を否定

    辻元清美

  3. 3

    TBS出演医師 テレ朝でも政府批判

    水島宏明

  4. 4

    カリフォルニアで8400人感染疑い

    ロイター

  5. 5

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  6. 6

    楽天の三重苦 送料無料は無理筋

    大関暁夫

  7. 7

    コロナ検査で病院へ行くのは愚か

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    紅白出場歌手 薬物で逮捕寸前か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  10. 10

    「安倍首相どこ」肺炎対応で批判

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。