記事

ビーガン北朝鮮担当特別代表、駐ロ大使候補に浮上=関係者


[ワシントン 12日 ロイター] - トランプ政権の次期ロシア大使候補に、ビーガン北朝鮮担当特別代表が浮上している。状況に詳しいある関係者が12日語った。

国務省は先週、ハンツマン駐ロシア大使の10月の退任を発表した。ハンツマン氏はユタ州知事選出馬を検討中とみられている。

VOXニュースは9日、ホワイトハウス内の協議に詳しい関係者2人の話として、ビーガン氏が次期駐ロ大使候補として検討されていると報じた。

別のある関係者もロイターに、ビーガン氏が検討されていることを明らかにした。

VOXの報道について、ビーガン氏は直接反応していない。国務省も行政上の発表はないとしている。

ビーガン氏が駐ロ大使に転出すれば、停滞している北朝鮮との非核化協議再開に大きな影響が及ぶ可能性がある。

ビーガン氏は大学で政治学とロシア語を専攻し、1992─94年にモスクワの共和党国際研究所の所長を務めた経験がある。

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  6. 6

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  7. 7

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  8. 8

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  9. 9

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

  10. 10

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。