記事

SDGsウォッシュになってしまう企業目標やKGI/KPIの問題

1/2

SDGsウォッシュと企業

SDGsの考え方が大手企業を中心に浸透してきていますが、その評価/効果測定はまだまだ浸透してないように思います。また、SDGsのKGI/KPIをCSRに組み込む(開示する)企業は増えているものの、その評価基準や評価手法はあいまいなままです。How にコミットメントする企業は多いのですが(〇〇を推進します)、成果・結果にコミットメントする企業はまだまだ少ないです。

そのような状況の中、企業はSDGsをどのようにCSRに組み込み現場レベルで実践できるのでしょうか。結論から言えば、企業としては、SDGsをサプライチェーン/バリューチェーンでマッピングし、実践できない限り“ウォッシュ”でしかないのです。

そこで本記事では、2020年以降にどんなSDGs対応をすれば良いか、企業目標とKGI/KPI設定、課題モニタリングの重要性、インパクト評価のポイント、SDGsウォッシュ、などの視点でまとめます。

企業とSDGs経営のおさらい

まずはSDGsのおさらいを。SDGsの基本コンセプトは色々あるのですが、確実に暗記すべきは以下の点です。

◯基本理念
「誰も置き去りにしない」「世界の変革」

◯企業対応
「バリューチェーン・マッピング」「アウトサイド・イン・アプローチ」

SDGsは、基本理念を念頭に、企業の具体的なアクションとして「バリューチェーンのインパクト評価」と「アウトサイド・インによる外部環境起点の戦略構築」を推進しましょうという話です。
SDGコンパスの表現でいえば、「バリューチェーンをマッピングし影響領域を特定」し「指標を選択しデータを収集」して「優先課題を決定」する、ということが一連の大きな流れになります。

あとこれは企業だけではないですが、SDGsの原則も当然ながらおさえる必要があります。「世界の変革(Transforming our world)」と「誰も置き去りにしない(No one will be left behind)」というスローガンです。

トランスフォーメーションは、現在の延長線上に“良き未来”は存在しないため、大きな社会変革を起こす必要がある、という考え方。文字通り、我々の世界を変えよう、という話です。現実的には政治・文化・宗教などを劇的に変えることは不可能なので、手法として「デジタルトランスフォーメーション」をし、テクノロジーにより人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる、ということが必要だと言われています。テクノロジーの進化なしにSDGsは語れません。

「誰も置き去りにしない」は、SDGsの諸項目をご覧いただければわかりますが、書いてあることのほとんどが直接・間接を問わず「人」に対するものです。社会問題とは最終的には人につながっている、という事実を念頭に置き、CSR活動を進めなければなりません。このあたりの基礎概念を理解している前提で、企業担当者はSDGsを語らなければなりませんね。つまり、自社のCSR活動は、最終的に世界の変革に貢献しているのか、世界の人々の生活を良い方向を変えられているのか、を考えましょうと。

コンセプトの理解の重要性

17のゴールや169のターゲットを気にしなくていいわけではないですが、大前提となるコンセプトをまず理解しないと、何も始まりません。私は、全上場企業のCSRウェブコンテンツは定期的にチェックしていますが、17のゴールと自社事業の紐付けを気にしすぎて、基本コンセプトを無視している企業が結構あることを知っています(御社のことですよ!)。

17のゴールはCSR活動において、そもそも「MECE(モレなくダブりなく)」ではありません。17のゴールだけでバリューマッピングやインパクト評価のロジックモデルを組むと、どうしたって無理がでます。当然、SDGsのターゲットやインジケーターレベルでみても、CSR活動を網羅してはいません。何が言いたいかというと、SDGsで言及されていない社会課題は探せばたくさんあるのです。

つまり、SDGsはCSR活動やステークホルダー・エンゲージメントにおいては、そのままでは役に立たないフレームワークなのです。まずこれ重要。そもそも、SDGsは企業向けのものではないですからね。ですので、SDGsのグローバルイシュー(世界)をローカルイシュー(日本)に落とし込み、それをどこまで当事者(自社)として、イシューを身近なものにまとめられるか。これができればベストです。

フレームワークでいえば、ISO26000は行動ガイダンス、GRIスタンダードは開示ガイドラインであり、アウトサイドイン志向のものではありません。逆にSDGsはアウトサイドイン・アプローチを軸とした概念であり、中長期戦略を考える時に有効なフレームワークです。CSRにはさまざなガイドラインがありますが、どれが正しいではなく、どれをどうやって使うか、が試されているのです。

加えて言えば、SDGsは「主語が大きい」のが問題です。「人類70億人が…」「世界平和を…」「社会に大変革を起こす…」と言われても、よくわからないのです。全世界・マルチステークホルダーで考えるメリットとデメリットがありますので、このあたりを理解してないと、SDGsを使うどころか振り回されて終わってしまいますよ、と。

社内におけるSDGsの展開

SDGsのワークショップ(ゲーム含む)をして“自分ごと化”をするのは良いことですが、会社員であれば、SDGsは個人よりも所属組織のスタイルに合わせる必要があります。少なくとも、組織は従業員を束ねなければならないので。この個人と組織のSDGsの理解と方向性の差は、かなり問題だと思っています。いわゆる、部分最適と全体最適の話です。ミクロとマクロの問題というか。

SDGsをワークショップで学ぶのはいいですが、個人の想いを出し過ぎてしまうと、組織としては部分最適の集合になってしまい、全体最適で成果を最大化しにくくなるおそれがあります。結局1ヶ月もしたら、「SDGsを知っているか」と聞けば全員手を挙げますが、「SDGsの目標と目的は? SDGsには何が書かれている?」と聞いてもほぼ答えられないでしょう。CSR担当者でさえ17のゴールを言えない人多いですよ。

また、自社だけでCSR活動を完結させても小さなインパクトしか出せないように、SDGsでも同様のことが言えます。業界・業種・地域を超えてどこまでパートナーシップを広げられるかがSDGsのポイントなのですが、どの企業でも自社のみの事業にマッピングするという、おそまつな開示がばかりですね。自社だけではなく、バリューチェーン全体でマッピングしなさいとあれほど言っているのに…。

社会にとって重要なのは御社ではありません。重要なのは御社を含めたバリューチェーンが、社会にどんな価値提供をしてくれるか、だけです。外部不経済を引き起こしてばかりのバリューチェーンは社会にいりません。むしろ迷惑なのでなくなってください、レベルですから。

あわせて読みたい

「SDGs」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相は潔白証明に明細書示せ

    大串博志

  2. 2

    「表現の自由」異論否定の根拠に

    島村優

  3. 3

    不振のいきステに今行くべき理由

    内藤忍

  4. 4

    壇蜜結婚に「ロス」連呼はやめよ

    常見陽平

  5. 5

    韓国 GSOMIA維持は日本の譲歩で

    ロイター

  6. 6

    代役は川口春奈「別に」の過去

    女性自身

  7. 7

    ケンタッキー「安い」で劇的回復

    PRESIDENT Online

  8. 8

    高学歴官僚に見下される大臣3名

    NEWSポストセブン

  9. 9

    宗男氏 前夜祭巡りホテルに確認

    鈴木宗男

  10. 10

    GSOMIA失効を諦めるのはまだ早い

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。