記事

パンや麺、カレー好きこそ摂るべき完全栄養食

2/3

■完全栄養食のアイデアは、いつ出てきたのですか

【田原】いまの事業である完全栄養食のアイデアは、いつ出てきたのですか。まだ会社にいるころ? それとも辞めてから?

【橋本】ロボットタクシーのころですね。自動運転は地方で実験を始めました。そのとき地元の方々に言われたのは、移動ができれば病気になる人が減るということ。高齢者が入院するのも通院が難しいからで、自動運転が導入されれば、みんなが健康になって社会保障費が減るというのです。さらに、将来はもっと高齢化と健康寿命が社会の需要なテーマになるとも指摘されました。もし自分がそのテーマでビジネスをするなら、何をやりたいのか。そう考えたときに出た答えが、完全栄養食でした。2016年のことです。

【田原】どうして食だったの? 福祉や健康だと、ほかにも選択肢はある。

■主食を食べるだけで健康でいられたらおもしろい

【橋本】健康になるには、食事と睡眠と運動が大切です。僕の場合、このうち運動についてはジムで走っていたし、睡眠時間も十分にあった。でも、食生活だけは簡単なもので済ませることが多く、健康的とはいえなかった。まわりを見ても、若者はパンやラーメン、カレーライスで済ませていたり、高齢者もインスタント食品で済ませたりしている人がいました。忙しかったり面倒だったりすると、主食だけになってしまうんですよね。そういう状況を見て、主食を食べるだけで健康でいられたらおもしろいなと思ったんです。

田原総一朗●1934年、滋賀県生まれ。早稲田大学文学部卒業後、岩波映画製作所入社。テレビ東京を経て、77年よりフリーのジャーナリストに。著書に『起業家のように考える。』ほか。


【田原】つまりラーメンやカレーを食べたら、健康に必要な栄養は全部取れるというコンセプトですね。

【橋本】ピーマンが嫌いな子どもに食べさせたいときに、細かく刻んでカレーに入れたりしますよね。それと同じで、パスタやパンに入れ込み、かつおいしいものが作れれば、簡単にバランスのいい食生活ができます。

【田原】「簡単」というけれど、僕は簡単な食事は苦手で、できるだけ人と一緒に食事をするようにしています。そのほうが楽しいよ。

【橋本】僕も人と食事をするのは好きです。ただ、忙しくて簡単な食事しか取れない人も多いし、僕自身、友達と焼き肉やイタリアンに行くのは週に1~2回。普段は簡単な食事が多くて、そこで健康的な食事ができていないと、焼き肉屋さんでも「カルビを食べたいけど、脂っぽいからロースにしよう」となってしまう。人との食事を楽しみたいからこそ、普段の簡単な食事が健康であればいいなと。

【田原】栄養食品をやろうと思いついて、最初は何から始めましたか?

【橋本】試作です。まず栄養士さんに相談して、人が健康でいるために必要な栄養について教えてもらいました。WHOの基準を日本人に合わせて調整した食事摂取基準という基準があって、それに基づいて約30種類の栄養素を入れることにしました。

【田原】栄養はどうするんですか。サプリメントなんかを入れるの?

【橋本】いえ、スーパーで乾燥食品を買ってきて、粉にして混ぜました。たとえば昆布10グラムにはヨウ素が何グラム、大豆10グラムにはタンパク質が何グラム含まれているというデータがあるので、それらを組み合わせて30種類を網羅するんです。

【田原】混ぜるって、何に混ぜる?

【橋本】最初はパスタの生地でした。生地の粉に混ぜて伸ばして、パスタマシンでパスタにして試食する。蕎麦打ち職人みたいな感じです。

あわせて読みたい

「ビジネス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  2. 2

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  3. 3

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

  6. 6

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  7. 7

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  8. 8

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  10. 10

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。