記事

にこにこぷん再放送に大御所登場で親世代歓喜「鳥肌立つ」


8月12日、「おかあさんといっしょ」(NHK Eテレ)の「60年スペシャル」第1回目が放送された。歴代の「歌のお姉さん」が登場し、過去に放送された「にこにこぷん」も再放送。Twitterでもトレンド入りするなど、注目が集まっている。

再放送された「にこにこぷん」は、1982年から1992年にかけて放送された着ぐるみ劇。現在の30~40代が幼少期に親しんだ番組でもある。その中には育児中の人も多く、親世代からも歓喜の声があがった。

《にこにこぷんは時代をこえ、自分の子どもと一緒に見る日がくるなんて。朝から涙》
《朝いつものようにムスメとおかあさんといっしょ観てたら、出てきてびっくり ぞわわわわーと鳥肌立った 感動》
《にこにこぷん待機。じゃじゃ丸、ぴっころ、ぽろり、あの時の男の子は今年パパになったよ。息子と一緒に見るからね》

「にこにこぷん」は、「じゃじゃ丸」「ぴっころ」「ぽろり」が登場キャラクター。この“大御所”役を務めた声優陣の経歴にも注目が集まった。

《よく考えたら、声優やばいな スネ夫とドラミちゃんとフリーザ様やんか 私ってばめっちゃいい時代に生まれたんやな》
《おかあさんといっしょ、懐かしい。若い子は知らんやろうが、ポロリの声フリーザ様やで》
《にこにこぷん? はビジュアルでしか知らないけど、フリーザ様って中尾隆聖さんだよね? 平成4年生まれとしてはにこにこぷんの次にやってたドレミファどーなっつのれっしーのイメージのが強いなあ》

じゃじゃ丸役の肝付兼太さん(享年80)は、アニメ「ドラえもん」シリーズでスネ夫役を務めた。ぴっころ役のよこざわけい子(66)も「ドラえもん」シリーズではドラミ役、「天空の城ラピュタ」ではヒロインのシータ役を務めた。また、ぽろり役の中尾隆聖(68)はアニメ「ドラゴンボール」シリーズでフリーザ役を務めた。

いまや長寿番組となった「おかあさんといっしょ」。より一層、世代を超えて家族で楽しめる番組に成長したようだ。

あわせて読みたい

「NHK」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  3. 3

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  4. 4

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  5. 5

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  6. 6

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  7. 7

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

  8. 8

    「"おじさん構文"でも大丈夫」部下とのLINEが苦手な人がやるべき"シンプルな解決策"

    PRESIDENT Online

    07月31日 09:40

  9. 9

    全国の新規感染者が1万2000人超、4日連続で過去最多

    ABEMA TIMES

    07月31日 20:13

  10. 10

    「彼らを誇りに思う」アイリスオーヤマ会長が感激した"クビ覚悟"という社員の行動

    PRESIDENT Online

    07月31日 14:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。