記事

にこにこぷん再放送に大御所登場で親世代歓喜「鳥肌立つ」


8月12日、「おかあさんといっしょ」(NHK Eテレ)の「60年スペシャル」第1回目が放送された。歴代の「歌のお姉さん」が登場し、過去に放送された「にこにこぷん」も再放送。Twitterでもトレンド入りするなど、注目が集まっている。

再放送された「にこにこぷん」は、1982年から1992年にかけて放送された着ぐるみ劇。現在の30~40代が幼少期に親しんだ番組でもある。その中には育児中の人も多く、親世代からも歓喜の声があがった。

《にこにこぷんは時代をこえ、自分の子どもと一緒に見る日がくるなんて。朝から涙》
《朝いつものようにムスメとおかあさんといっしょ観てたら、出てきてびっくり ぞわわわわーと鳥肌立った 感動》
《にこにこぷん待機。じゃじゃ丸、ぴっころ、ぽろり、あの時の男の子は今年パパになったよ。息子と一緒に見るからね》

「にこにこぷん」は、「じゃじゃ丸」「ぴっころ」「ぽろり」が登場キャラクター。この“大御所”役を務めた声優陣の経歴にも注目が集まった。

《よく考えたら、声優やばいな スネ夫とドラミちゃんとフリーザ様やんか 私ってばめっちゃいい時代に生まれたんやな》
《おかあさんといっしょ、懐かしい。若い子は知らんやろうが、ポロリの声フリーザ様やで》
《にこにこぷん? はビジュアルでしか知らないけど、フリーザ様って中尾隆聖さんだよね? 平成4年生まれとしてはにこにこぷんの次にやってたドレミファどーなっつのれっしーのイメージのが強いなあ》

じゃじゃ丸役の肝付兼太さん(享年80)は、アニメ「ドラえもん」シリーズでスネ夫役を務めた。ぴっころ役のよこざわけい子(66)も「ドラえもん」シリーズではドラミ役、「天空の城ラピュタ」ではヒロインのシータ役を務めた。また、ぽろり役の中尾隆聖(68)はアニメ「ドラゴンボール」シリーズでフリーザ役を務めた。

いまや長寿番組となった「おかあさんといっしょ」。より一層、世代を超えて家族で楽しめる番組に成長したようだ。

あわせて読みたい

「NHK」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    「GoTo中止を」SNSで批判が殺到

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    減税よりGoTo政策「利権の典型」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    司法が医療破壊 逆転有罪に苦言

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    トヨタ超え テスラCEOの不気味さ

    片山 修

  6. 6

    「東京差別」で社会構造変わるか

    にしゃんた

  7. 7

    GoToでは救えない宿泊業界の淘汰

    文春オンライン

  8. 8

    米政権が感染拡大で医師に怒り

    飯田香織

  9. 9

    政府は医療従事者を守る気あるか

    畠山和也

  10. 10

    修学旅行中止でGoTo推奨する矛盾

    原田 謙介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。