記事

1日使い捨てコンタクトが売れている理由

「新素材」×「1日用」で拡大するコンタクト市場

GfKジャパンは2018年の国内コンタクトレンズ市場の販売動向についての調査結果を発表した。



18年のコンタクトレンズ小売市場は、金額ベースで前年比5%増の3130億円。1箱当たりの税抜き平均価格は3050円で、前年から3%上昇した。大手メーカーの値上げによる価格上昇や、インターネット経由での販売が大きく拡大したことに加え、販売金額の7割弱を占める1日使い捨てレンズが前年比6%増だったことが市場を牽引した。

同社の池浦紫野シニアアナリストは「1日使い捨てレンズが近年伸びていることに加え、装用感に優れた高単価なシリコンハイドロゲルレンズの採用が進んでいることが市場の成長を後押ししています」と指摘する。1日使い捨てレンズにおけるシリコンハイドロゲルレンズの金額構成比は前年から4%上昇し、25%となった。シリコンハイドロゲルレンズは、コストパフォーマンスの高い2週間交換のレンズではすでに主流となっている(18年の金額構成比は77%)。

池浦氏は「1日使い捨てレンズ全体の販売が拡大する中で、高付加価値レンズへのスイッチは19年も進み、市場拡大は続くと見込まれます」と展望する。

(吉田 洋平 図版作成=大橋昭一)

あわせて読みたい

「小売」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  2. 2

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

  3. 3

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  4. 4

    アビガン試験者の少なさ医師指摘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    石破氏 中国に外交儀礼を果たせ

    石破茂

  6. 6

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  7. 7

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  8. 8

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

  9. 9

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  10. 10

    日本版CDC創設を阻む厚労省の罪

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。