記事

共産党とれいわ新選組の統一会派は、なるかならないか

いくら何でもそうはならないだろうと思っているが、共産党側はどうやられいわ新選組を自分たちの陣営に引き摺り込みたいようである。

野党共闘なり野党再編の舵を握るために、勢いのあるれいわ新選組の山本太郎氏の力を借りたいのだろう。
共産党がジリ貧であることは、関係者の皆さんにはよく分かっておられるようだ。
共産党で街頭に立っているのは、大体は高齢者の方々。
熱心にビラ配りをされているのだが、しかし若い人が決定的に少ない。

候補者には若い方や女性を並べているが、支援者は殆ど高齢者。
ポスターだけ見て投票する人には若い共産党をアピール出来るだろうが、街頭演説の会場でビラ配りをされている方は殆どが年輩の方々である。
とても清新さを感じることが出来ない。

れいわ新選組の街頭演説の会場から伝わってくる熱い熱気を何としても取り込みたい、と考えるのは自然なことである。

共産党の候補者に投票していた方々が今はれいわ新選組に流れ始めている、という緊迫感、緊張感が今なお続いているということだろう。

山本太郎氏は、自分たちにメリットがあることが確認出来たら何でもやってのけるタイプのようだから、この先何があるか分からないが、今のところ共産党とだけ手を組んでも先の展望が描けないだろうから、野党共闘の流れが本格化するまでは自分の方からは何もしないはずである。

あわせて読みたい

「れいわ新選組」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    韓国暴走か 日本は立場表明せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    GSOMIA破棄は米国の顔に泥塗った

    文春オンライン

  4. 4

    韓国はGSOMIAを破棄しても無意味

    高英起

  5. 5

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  6. 6

    反日運動に矛盾 韓国内でも不信

    NEWSポストセブン

  7. 7

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  8. 8

    未来きた? 日清「完全食」を実食

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    GSOMIA破棄 米国は許容範囲内か

    早川忠孝

  10. 10

    横浜IR誘致で大阪の事業者撤退も

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。