記事

なぜ日本は韓国より「言論の自由度」が低いのか

1/2

「言論と表現の自由」が脅かされているのではないか

8月1日から開催された「あいちトリエンナーレ2019」の中の「表現の不自由展・その後」が、言論の自由度が低いこの国に"ふさわしい"終わり方をしてしまった。

2017年にトリエンナーレの芸術監督に起用されたジャーナリストの津田大介が発案し、作家の男女比を同じにしたり、社会問題を扱った作品を多くするなどの試みが話題になっていた。

中でも、「表現の不自由展・その後」は、次のような趣旨で展示するということもあり、注目されていた。

「『表現の不自由展』は、日本における『言論と表現の自由』が脅かされているのではないかという強い危機意識から、組織的検閲や忖度によって表現の機会を奪われてしまった作品を集め、2015年に開催された展覧会。『慰安婦』問題、天皇と戦争、植民地支配、憲法9条、政権批判など、近年公共の文化施設で『タブー』とされがちなテーマの作品が、当時いかにして『排除』されたのか、実際に展示不許可になった理由とともに展示した。今回は、『表現の不自由展』で扱った作品の『その後』に加え、2015年以降、新たに公立美術館などで展示不許可になった作品を、同様に不許可になった理由とともに展示する」(公式ウェブサイトより)

展示されているのは、「平和の少女像」となっているが、ソウルの日本大使館前にある「慰安婦像」と同じ作家によるものなどである。

取材に応じる芸術監督の津田大介氏
写真=時事通信フォト
「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」を中止することが決まり、取材に応じる芸術監督の津田大介氏=8月3日、名古屋市東区


お上からひも付きのおカネが出ている展覧会

大浦信行の昭和天皇をモチーフにした「遠近を抱えて」、作者不詳の「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」という俳句、横尾忠則のラッピング電車の第五号案「ターザン」などが陳列されている。

私も時間とカネがあったら見てみたいと思っていた。日韓関係が最悪とされるこの時期に、慰安婦像を展示するのは、いささか覚悟がいったことだろう。津田をはじめとする実行委員たちの苦労の跡を、この目で確かめたいと思った。

ちなみにこのトリエンナーレは愛知県と名古屋市が補助金を出し、文化庁の助成事業である。つまり、お上からひも付きのおカネが出ているということである。

開催からわずか3日目に、津田と大村秀章・愛知県知事が会見を行い、「表現の不自由展・その後」を中止すると発表したのだ。

きちんと作品を見ていない河村たかし市長が口火

口火は河村たかし・名古屋市長だった。2日に展示を視察した後、慰安婦像について「どう考えても日本人の、国民の心を踏みにじるもの。いかんと思う」として、作品の展示を即刻中止するよう大村県知事に求めるといい出したのだ。

だが、『週刊新潮』(8/15・22号)で、美術評論家の藤田一人は、オープニング前日のレセプションで、「河村さんは『燃えよドラゴンズ!』の替え歌を気持ちよさそうに歌っていました。つまり、プレビューに呼ばれても、きちんと作品を見ていない。その程度の問題意識だったわけです」と話している。

本人は気付かず、誰かに入れ知恵されたのであろう。菅官房長官も2日の会見で「補助金交付の決定にあたっては、事実関係を確認、精査して適切に対応したい」と口を出した。

大村県知事は河村らに「憲法違反の疑いがある」と抗議している。

「実行委員会や津田大介芸術監督は未熟すぎます」

中止に至った直接的な要因は、県庁にかかって来た大量のの抗議話やFAX、メールで、その中には「ガソリン携行缶を持ってお邪魔する」という、京都アニメーション放火事件を想起させる脅迫まであったからだという。

津田は開会前、「感情を揺さぶるのが芸術なのに、『誰かの感情を害する』という理由で、自由な表現が制限されるケースが増えている。政治的な主張をする企画展ではない。実物を見て、それぞれが判断する場を提供したい」と語っていたが、判断する場を自ら閉じてしまったのである。

当然、津田に対する批判はネット上でも燃え上がった。批判の内容は、宮台真司・首都大学教授が朝日新聞(8月10日付)でいっている、この言葉に集約されると思う。

「今回の中止は脅迫による混乱が理由で、言語道断です。毅然(きぜん)とした態度を貫かないと、脅した者勝ちになる。フランスのシャルリー・エブド紙襲撃事件では、マスコミも政治家も識者も『テロに屈するな』と叫んだはずです。

警察と連携、別会場でボディーチェックなど対処法を編み出すべきなのに、それをせず3日間で中止したトリエンナーレ実行委員会や津田大介芸術監督は未熟すぎます」

あわせて読みたい

「あいちトリエンナーレ2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  3. 3

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  4. 4

    韓国GSOMIA破棄 優遇除外が理由

    ロイター

  5. 5

    GSOMIA破棄は韓国の危険な火遊び

    AbemaTIMES

  6. 6

    タニタの正規雇用中止は称賛に値

    城繁幸

  7. 7

    報ステの立場を奪った羽鳥番組

    水島宏明

  8. 8

    横浜市カジノ誘致でドンと対決か

    渡邉裕二

  9. 9

    不発多い韓国の不買 今回は成果

    WEDGE Infinity

  10. 10

    コミュ力ない人 1コマ漫画が話題

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。