記事

御巣鷹山事故(JAL123便事故)から34年

https://youtu.be/AqFhjMxcCDU

昭和60年1985年8月12日、JAL123便が御巣鷹の尾根に墜落し、520名の尊い命が失われてから34年が経ちます。改めて御霊の平安を祈念いたします。

JALは、その事を教訓とすべく、事故の機体を保存し、安全に役立てるために、安全啓発センターを設置しています。

私も視察させて頂きましたが、誰でも事前予約で見学することができます。当時の事故機体や折れ曲がった座席、亡くなった方々の遺品等は、その凄まじい衝撃を今に訴えています。

技術革新と利便性の向上の影には、残念ながら、事故がつきまといます。事故はゼロにはできないかもしれませんが、死者を出すような深刻な重大事案はなくすことができると信じます。

事故の教訓に学び、関係者には物を扱っているのではなく、かけがえのない命をあずかっているのであるという自覚を持ち続けてほしいと願っています。その日々の努力の積み重ねの中で、ヒヤリやハッとを見逃さないという安全への意識と組織の態勢の構築が大事だと思います。

あわせて読みたい

「日航機墜落事故」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  2. 2

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  3. 3

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  4. 4

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    中島みゆきとユーミン 本当の仲

    NEWSポストセブン

  6. 6

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  7. 7

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  8. 8

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  9. 9

    パスワードの管理方法は紙が最強

    PRESIDENT Online

  10. 10

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。