記事

表現の自由を守るとは、こういうこと。津田氏や実行委員の先祖の肖像を焼き、その先祖を間抜けな日本人と侮辱する作品も展示する - 8月11日のツイート

(スタッフよりお知らせ)本日8/11(日)の読売新聞朝刊に、橋下徹のインタビュー記事が掲載されています。「語る」というコーナーです。ぜひご一読ください!
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190810-OYT1T50410/…

公的事業の場で表現の自由を守るとは、こういうこと。津田氏や実行委員の先祖の肖像を焼き、その先祖を間抜けな日本人と侮辱する作品も展示する。そして表現の自由の限界ラインを来場者に考えてもらう。激しい批判を覚悟しながら。 https://twitter.com/blue_kbx02/status/1160344877999071232…

まずは、津田氏や実行委員が先祖の肖像を焼きまくる作品を展示すべきですね。さらに先祖を間抜けと罵る作品も。これが表現の自由だと誇らしげに言うなら、津田さんたちに公の事業の監督資格はまず認められないでしょう。選んだ人たちの選任過失です。 https://twitter.com/hiroyoshimura/status/1160403480843919360…

僕は天皇に限らず個人の肖像を焼くことは反対ですし、特攻隊員に限らず死者を間抜けと罵ることも反対です。

自分の先祖の肖像を焼きまくり、先祖を間抜けだと罵る精神状態の人に、公金を預けるわけにはいきません。普通の民間企業の面接でも全て落ちるはずです。津田氏も自分事となったときに、ハッとその異常性に気付くと思います。公金を使わずとも僕はそんな表現には反対ですが、やる人を止められませんね。

※この記事は橋下徹元大阪市長のツイートを時系列順に並べたものです。

橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン
【ご購読はこちらから→】http://hashimoto.president.co.jp/
橋下徹と直接議論できるサロン『橋下徹の激辛政治経済ゼミ』
【お申込はこちら】→橋下徹の激辛政治経済ゼミ

あわせて読みたい

「あいちトリエンナーレ2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    韓国暴走か 日本は立場表明せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    GSOMIA破棄は米国の顔に泥塗った

    文春オンライン

  4. 4

    韓国はGSOMIAを破棄しても無意味

    高英起

  5. 5

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  6. 6

    反日運動に矛盾 韓国内でも不信

    NEWSポストセブン

  7. 7

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  8. 8

    未来きた? 日清「完全食」を実食

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    GSOMIA破棄 米国は許容範囲内か

    早川忠孝

  10. 10

    横浜IR誘致で大阪の事業者撤退も

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。