記事

北朝鮮「亡命政権」に見る米情報機関の影

1/2

2019年2月にベトナムのハノイで開かれた2度目の米朝首脳会談は、事前の融和的ムードから一転、トランプ米大統領が席を立つ形での「決裂」に終わった。危機管理コンサルタントの丸谷元人氏は、「アメリカの情報機関が、会談が決裂するように意図的に仕込んだのではないか」という――。

トランプ米大統領と金正恩・朝鮮労働党委員長の2度目の会談直前に、謎の男たちに押し入られ、パソコンなどの情報機器を持ち去られた在スペイン北朝鮮大使館。会談が決裂したのは、このとき持ち出された情報がトランプに伝えられたからではないのか――。=2019年3月27日、Madrid 写真=EPA/時事通信フォト

■2度目の米朝首脳会談はなぜ決裂に終わったか

2019年2月27日と28日の両日、ベトナムのハノイで開かれた2度目の米朝首脳会談。この会談に向けたトランプ大統領の姿勢は、当初は驚くほど融和的なものであった。米国本土に届く大陸間弾道弾の破棄さえやれば、核兵器の廃絶は段階的に行えば良いとでも言わんばかりのトーンであり、トランプ氏はその間に北への制裁緩和を言い出すのではとする危惧を抱いた専門家も多かった。

だが蓋を開けてみると、当初のムードは一転。28日の昼食会は中止され、米大統領府は「今回は何の合意もなされなかった」という声明を発表。2時間前倒しされた記者会見で決裂した争点を説明したトランプ氏は、そそくさと大統領専用機に乗ってベトナムを離れた。トランプ氏が態度を一変させたのは、いったい何が理由だったのか。

会談のわずか5日前の2019年2月22日、スペインのマドリードにある北朝鮮大使館に、武装した「非常に暴力的」(『エル・パイス』紙、2019年3月28日)な10人の男が押し入る事件が発生した。男たちは館員を拘束して暴行を加えたのち、パソコンなどの情報機器を盗み出した。

この襲撃を行ったのは、金正恩政権の打倒を目指す「千里馬民防衛」なる組織である。彼らの襲撃の狙いは、元駐スペイン北朝鮮大使で、金正恩氏の命令を受けて秘密裏にトランプ政権との直接交渉を担当していた金革哲(キム・ヒョクチョル)米担当特別代表に関わる情報であったとされており、実行犯チームはその襲撃によって得られた情報を、2月27日の米朝首脳会談の前日にFBI(米連邦捜査局)に提供したと、後にネット上で表明している。

そうして迎えた2度目の米朝首脳会談では、あれだけ核やミサイル問題について融和的な発言をしていたトランプ大統領の態度が急変。米国側が突然、核施設や弾道ミサイルと発射装置、関連施設の「完全な廃棄」を金正恩氏に求めたため、交渉は決裂した。正恩氏は、直前まで融和的であったトランプ氏の態度の急変に相当慌てたと想像するが、それにはやはり在スペイン北朝鮮大使館で得られた何らかの極秘情報が影響を与えた可能性が強い。

■大使館襲撃の実行犯と名指しされた「プロ」

米朝会談が決裂した翌日の3月1日、襲撃を行った「千里馬民防衛」は、名称を「自由朝鮮」と変更。同月にはマレーシアにある北朝鮮大使館への落書きを行うなどの「謀略工作」を行っている。この組織が初めて公に知られるようになったのは、金正男氏が殺害された直後にマカオから台湾経由で第三国に脱出した正男氏の息子、金漢率氏が、ビデオ声明を出した時であった(2017年3月)。同組織はこの脱出を支援したとされており、金漢率氏は今やCIA(米中央情報局)の庇護のもと、米国内に居住していると言われている。

一方、襲撃の現場となったスペインの警察当局は激怒し、事件に参加した男たちの氏名や監視カメラの映像を公表して、国際指名手配した。その中で明らかになったのは、この10人の男たちのほとんどは米国内に居住し、軍事訓練を受けていた韓国系米国人であるということだ。

中でも実行犯の中心人物と判明したのは、「自由朝鮮」の代表でもあるエイドリアン・ホンという、イェール大学出身でメキシコのパスポートを持つ35歳の韓国(北朝鮮?)系男性であった。ホン氏はいくつかの情報機関と接触があるとされており(『エル・パイス』紙、2019年3月28日)、過去にはカダフィ政権崩壊直後の混乱するリビアにて、ヨルダン政府と共同で「難民支援」を行うとの名目で足跡を残すなど、いかにも情報機関の工作員らしい動きを見せている人物だ(スペイン当局はホン氏を「北朝鮮系の傭兵」と呼んでいる)。

このホン氏は、スペイン大使館襲撃の直前になんと日本を訪問し、日本国内の人権活動団体と接触したこともわかっている。ホン氏はそこで、米国に亡命中の金漢率氏の保護を求めるために日本政府関係者と面談をしたいと希望したが、日本側の人権団体幹部はホン氏を連れて行くことで逆に日本政府側から怪しまれることを恐れたため、政府への紹介はしなかったようだ(『NK NEWS』2019年4月24日)。

スペイン当局はホン氏が実行した襲撃事件を、「個人では調達できないほどの十分な支援インフラと資金をバックにした、極めて綿密な作戦」であったとみている。過去にリビアの秘密作戦にも関わり、北朝鮮に狙われている金漢率氏を中国から台湾経由でCIAの庇護のもとに米国に脱出させられる力を持つホン氏の正体とは、まさに情報機関員そのものである。

ちなみにこのホン氏は、大使館襲撃時に使ったレンタカーを予約する際、「オズワルド・トランプ」という偽名を使ったとされている。オズワルドとはケネディ大統領暗殺事件の犯人とされた男の名前であり、こんな不気味なコードネームを使うホン氏の背後には、トランプ氏の排除を望み、北朝鮮の金正恩体制を破壊して、金漢率氏を首領とする傀儡政権を擁立したいと考える、米情報機関の姿が見え隠れしている。

あわせて読みたい

「米朝首脳会談」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野氏の停電対応 元医官が絶賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    真実知らされぬ韓国国民を心配

    小林よしのり

  3. 3

    小島慶子氏の旭日旗批判は筋違い

    和田政宗

  4. 4

    千葉の復興妨げる観光自粛を懸念

    かさこ

  5. 5

    iPhone8~11 今買うべきはどれか

    S-MAX

  6. 6

    舛添氏 小泉環境相の発言に懸念

    舛添要一

  7. 7

    佐野SAスト1か月 資金残りわずか

    文春オンライン

  8. 8

    韓国でK-POPファンに売春を強要

    文春オンライン

  9. 9

    進次郎氏の謝罪に元官僚「喝だ」

    AbemaTIMES

  10. 10

    池袋ラブホ遺体 圧縮袋用意の謎

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。