記事

タレント議員の今昔

1/2

参議院通常選挙が終了し、8月1日から5日まで臨時国会が開かれた。臨時国会の主な目的は、新しい参院議長を選出すること。新天皇ご臨席のもと開会式が行われ、先立つ本会議で選出された山東昭子新議長が陛下退出時の先導役も務めた。

参院議長に就任した山東昭子議員は今回の選挙で当選8回、既に42年に亘って議員生活を続けている。自民党の比例代表選挙における定年には抵触しているが、前回に引き続き特例扱いで立候補されていた。

特定の組織を持たない彼女にとって今回の当選順位は19人中18位と厳しい結果ではあったが、8回目の栄冠を見事に勝ちとられた。選挙中から今回の立候補の動機は議長であると言われていたが、他の有力候補の落選もあり、異論もなくスンナリと決まったようだ。

女性の社会進出が遅れている日本にあって特に遅れているのが政治の世界である。山東新議長のこれからの活躍を大いに期待したいと思う。

山東議員といえば、初出馬以前は女優であったことを知る人も多いだろう。いわゆる「タレント議員」のさきがけの一人である(勿論、彼女のこれまでの議員活動の実績からすれば、何ら問題とはならないのだが)。

知名度が選挙に有利に働くことを利用して政治家になった議員を一括して「タレント議員」と言うようだが、知名度を産み出したタレント性は議員によって千差万別である。中には「タレント議員」という呼称を良しとしない政治家もいる。石原慎太郎氏や舛添要一氏は立候補時に抜群の知名度を誇ったが、彼らをタレント議員と称したら“大変失礼”なことになる。

「タレント議員」という表現は、人気稼業(芸能人やスポーツ選手)出身者に限定すべきなのだろう。

作家や芸能人など、高い知名度を持つ議員は帝国議会創設間もない時期からいたようだがが、一般的にタレント議員第一号と言われるのは1946年戦後初の衆議院選挙に、東京1区で当選した吉本興業(当時東京吉本)所属の演歌師・石田一松のようだ。当時はタレントという用語は無く、「芸能人代議士」と形容されていた。

あわせて読みたい

「国会議員」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  3. 3

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  4. 4

    田嶋陽子氏に「時代追いついた」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  6. 6

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

  7. 7

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  8. 8

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  9. 9

    各国と異なる日本の死亡者数推移

    小澤 徹

  10. 10

    山本太郎氏 山尾氏はスター選手

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。