記事

「個人消費に関する表記」の変遷に思うこと

本日の日経夕刊のトップ『GDP実質1.8%増』という記事を読んでいて、個人消費がいよいよ次の段階に入ってきたかと考えさせられました。というのも、個人消費を説明する修飾語として「GDPの半分以上を占める」と表記されているのが、初めて目に入ったからです。

過去を思い返してみれば、10年以上前には個人消費の修飾語としては「GDPの6割5分を占める」という表記がたまに見られましたが、世界金融危機後は「GDPの6割を占める」というのが当たり前になっていました。

それが「GDPの半分以上を占める」という表記に変わったのは、個人消費と強い相関関係がある実質賃金の長期的な下落が影響しているのは間違いありません。

今現在、国民の9割近くが景気回復を実感できないのは、2013年以降、実質賃金が下がり続けているからです。国民生活をより正確に分析するうえでは、景気をGDPや失業率で見るのではなく、実質賃金や可処分所得で見るようにするべきでしょう。

あわせて読みたい

「GDP」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    杏と東出昌大おしどり夫婦が別居

    文春オンライン

  2. 2

    志位氏の長期独裁に触れぬ朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    漫画村を追い詰めた天才ハッカー

    文春オンライン

  4. 4

    タモリが絶賛するオザケンの歌詞

    メディアゴン

  5. 5

    国民民主議員「もう撤退すべき」

    篠原孝

  6. 6

    お家芸? 品格ない野党会談に呆れ

    文春オンライン

  7. 7

    木下優樹菜と疑惑 乾貴士を直撃

    NEWSポストセブン

  8. 8

    石破氏 安倍政権は責任感足りぬ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    ドコモ以外も 隠語で客をカモに

    NEWSポストセブン

  10. 10

    「安倍は嘘つき」桜の会で浸透か

    メディアゴン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。