記事

ノンスタ井上、警察騒ぎの「深夜焼き肉」に謹慎芸人もいた

 8月6日放送の『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)で、NON STYLE井上裕介が、警察が出動した、自宅での深夜の焼き肉パーティー騒動について語った。

 ことの発端は、ふるさと納税で和牛が届いたこと。この件を報じた『女性セブン』2019年8月1日号によると、井上は「後輩も呼んで、女友達も呼んで。焼肉したら煙が出るから、窓を開けて、そのまま騒いでしまって。警察のかたが来られて “ご近所迷惑になってます” と言われたので、スミマセンと、すぐにお開きにしました」と語ったという。

 井上は「今後は窓を閉めます」とコメントしたのだが、スピードワゴンの小沢一敬は「お前のあの返し、神だな。『コイツ、マジですげぇな』って」と笑った。

 井上は「窓を閉めてる状態で、何度も家で焼き肉してますから。そのときは何も言われてません。焼き肉をやめることはできませんから」と弁明。

 東京ダイナマイトの松田大輔が「外で食えばいいんじゃない?」と聞くが、小沢は「ちょっと休んでる芸人さんが家に遊びに来てたり」と、闇営業問題で休業している芸人も来ていたという。

 井上は「いろいろあって。元気づけるっていうのもあって、ちょっと、パーッとしちゃったんですけどね」と芸人を食事の席で励ましたことを明かした。

 闇営業芸人について井上は『アベモニ 300回突破記念スペシャル』(AbemaTV)7月5日の放送で、2700のツネと連絡を取っていることを明かしている。

「(ツネは)家族も子供もいますので、金銭面の部分で謹慎になるとお給料入ってこないですから。ご飯食べられないってなったらいつでも食べにおいでよ、という話はした」とエールを送っていた。

 こうした面倒見のよさが、井上が後輩から慕われる理由なのだろう。

あわせて読みたい

「NON STYLE」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野氏の停電対応 元医官が絶賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    真実知らされぬ韓国国民を心配

    小林よしのり

  3. 3

    食材追求した料理人に農家で皮肉

    幻冬舎plus

  4. 4

    韓国が戦略石油備蓄の放出検討へ

    ロイター

  5. 5

    政治家が被災地視察 迷惑の声も

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    韓国法相任命 正恩氏の指示と噂

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    iPhone8~11 今買うべきはどれか

    S-MAX

  8. 8

    世界大学ランキング 日本の課題

    ヒロ

  9. 9

    千葉の復興妨げる観光自粛を懸念

    かさこ

  10. 10

    佐野SAスト1か月 資金残りわずか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。