記事

「原爆は悲劇でしかない」長崎平和祈念式典に参列したアメリカ人の思い

1/2
8月9日、長崎原爆犠牲者を偲ぶ平和祈念式典が74年前と同じような晴れた空の下で執り行われた。

BLOGOS編集部

式典には安倍晋三首相を始め、核保有国である米露英仏中など66ヵ国の代表が参列。原爆投下時刻の午前11時2分には「長崎の鐘」が鳴らされ、平和を祈る1分間の黙とうが捧げられた。

朝早くから多くの人々が平和祈念像の前で手を合わせ、平和の泉に千羽鶴を手向ける中、そこには日本人だけではなく外国人参列者の姿も見受けられた。




あわせて読みたい

「原爆」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    「GoTo中止を」SNSで批判が殺到

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    減税よりGoTo政策「利権の典型」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    司法が医療破壊 逆転有罪に苦言

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    トヨタ超え テスラCEOの不気味さ

    片山 修

  6. 6

    「東京差別」で社会構造変わるか

    にしゃんた

  7. 7

    GoToでは救えない宿泊業界の淘汰

    文春オンライン

  8. 8

    米政権が感染拡大で医師に怒り

    飯田香織

  9. 9

    政府は医療従事者を守る気あるか

    畠山和也

  10. 10

    修学旅行中止でGoTo推奨する矛盾

    原田 謙介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。