記事

がんばれradiko

リンク先を見る

 ラジオのネット配信radiko。ぼくは当初から関わってきました。ラジコよ。息子とは言えないが、まぁ、甥みたいなもんです。そいつが、そろそろビジネスとして独り立ち、ぼくの手を離れます。小学生ぐらいにはなりましたか。
 過日、総務省の会議で、radikoの親である三浦文夫さん(電通→関西大学)がそのおいたちをプレゼンしました。それを基にぼくも讃歌を送ります。

 ラジオのビジネスが低迷する一方、ネットビジネスが興隆する中で、ラジオのIPサイマル配信は90年代からさまざまなトライアルがありました。しかし、放送局のネットアレルギーや権利処理の複雑さ、エリア限定されている放送とエリアフリーのネットビジネスの整合など、さまざまな障壁もありました。 しかし、ラジオをネットを巡るボーダレスな環境変化はいよいよ激しさを増す。そこで2007年4月、関西が動きます。「IPラジオ研究協議会」です。在阪ラジオ6局と電通で、宮原秀夫大阪大学総長(現NICT理事長)を会長にいただき、ぼくも理事に就き、発足させました。 インターネットを使うのですが、「有線ラジオ放送」の要件を整えることにしました。通信と放送では著作権法上の扱いが異なります。通信として個別に全ての権利処理を行うのは非常にしんどい。そこで放送免許エリアに限定し、マルチキャスト(IPv6)で配信することにしました。

 それでも実験開始には1年を要しました。放送とはいえ、主な権利者には三浦さんらが十全な説明を行ったのです。音事協、音制連、芸団協、ジャニーズ事務所、レコ協、JASRAC、JRC、プロ野球球団、高野連・・・。 そして、始めてみれば、当然のこと、radikoはリスナーから大うけでした。ラジオのコンテンツ力がネットでも再認識され、ラジオが若い世代にも発見されたのです。関係者が恐る恐るスタートさせるために課したさまざまな制約、たとえばIPv6マルチキャストなどが利用者を制限していることがかえって問題視されるようになりました。

 さあ2009年、東京進出です。年末には在京7局も加わり、「IPサイマルラジオ協議会」が発足しました。こちらもぼくは理事として旗振りの一角を務めました。2010年末には株式会社radikoも設立、研究・実験から本格ビジネスへの移行です。2012年4月には全国70局が参加することになるそうです。 しかも、スマホとソーシャルメディアの普及でメディア環境も変化しています。ラジオ番組とTwitterなどのソーシャルとを連動させる新しいビジネスも用意されています。ラジオで放送されたCMに同期したコンテンツをスマホなどの端末に表示、ラジオからネットやソーシャルへ自然に誘うモデルです。 実は在阪テレビ局などが集まり「マルチスクリーン型放送研究会」というのも発足しており、テレビとスマホ、タブレット端末などを組み合わせた日本的なスマートテレビ戦略を関西で組み上げるプロジェクトもありまして、それもぼくは関わっているのですが、そうしたラディカルな動きを西から全国へ、そして世界へと広げていくのはワクワク感があります。 手塚治虫も、カラオケも、ファミコンも、西から。

 このように書くと存外、radikoは順調に推移したかのようですが、スタート以前にはさまざまな調整、説得、議論を重ね、慎重に慎重を期した「研究」としての船出で、んでイザやってみたらホラやっぱ行けるじゃん、という結果論でありまして、まぁリアリティーというのは霞ヶ関の審議会のテーブルで言い合っているのとは全く異なります。 ぼくは20年前から通信放送融合推進の旗を振ってきて、放送局からもケシカランやつと目の仇にされつつ、同時に、日本固有の産業構造やビジネスモデルや規制構造が壁となっていることを承知しつつ、だからあえてそれを打ち壊すために旗を大きく高く掲げて被弾して参りました。 だから、radikoの成長はうれしい。放送局が業界として自ら動き、リスクを取った。エリア外配信を可能にしろ云々の声も聞きますが、みな事情があり一足飛びには行かない。大事なのは、こうした実ビジネスの成功例を1個、2個と具体的に生んでいくことです。 次のradikoは、何だろう。

 そうだ、もう一つ付記しなければいけない。 IPサイマルラジオアプリ「ドコデモFM」のことです。全国のFMラジオが全国どこでも月額315円で聴けるスマホアプリ。FM東京を中心とするJFN38局が提供しています。 radikoは広告モデルの無料配信で、エリア限定ですが、ドコデモFMは有料で地域制限なし。radikoとは違うラジオ配信モデルが登場したのです。 2009年末に実証実験として開始、2011年にはauがLISMO WAVEをスタートさせ本格化しました。FM東京はradikoにも参加しており、無料・有料、エリア限定・非限定、PC・スマホの各モデルに札を貼っているわけです。

 面白く、なってきました。

あわせて読みたい

「ラジオ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    北方領土の交渉で日米同盟に危機

    天木直人

  2. 2

    「少年院出身アイドル」の破壊力

    松田健次

  3. 3

    経済不振で日本叩きを始める韓国

    WEDGE Infinity

  4. 4

    北方2島返還で日本は多くを失う

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    北朝鮮の高官が日本に賠償要求

    ロイター

  6. 6

    石破氏 2島返還論は概念的に矛盾

    石破茂

  7. 7

    新型Mac miniは「いちいち快適」

    常見陽平

  8. 8

    NZ航空の低レベルサービスに驚き

    かさこ

  9. 9

    空自は低価格の中国機を導入せよ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    BTS炎上 思想なき浅はかさが原因

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。