記事

「原爆が投下されたのが公園で良かったですね。」それを聞いた高校生の私が綴った言葉。

1/2

私の原点。18歳の時に私が書いた拙い文章。
8月6日、日本に原爆が落とされた日に今でも読み返している。

=============================

 私は信じている。ペンの力は大きいと。世界から戦争がなくなると。対話によって平和がもたらされる日が必ず訪れると。平和を願い、ペンの力を信じている私は、将来、国際関係を専門にしたジャーナリストになりたいと考えている。ジャーナリストとしての私のテーマは、“当事者意識”。遠い国のことで、自分とは無関係であると感じるできごとを身近に感じてもらう文章を書きたい。そして、皆が国際問題について、当事者として考え、好奇心を持って取り組む社会を作りたい。

 平和に強い関心を抱いたのは、高校1年の時に、広島に訪れたことがきっかけである。被爆者の方から「日本の若者に『原子爆弾が落とされたのが公園でよかったですね』と言われた」という話を聞いた。その若者は原爆のことを公園で小さな爆弾が爆発しただけだと思ったらしい。人類の汚点とも呼べる大きな被害が無知により、小さな事故として捉えられていた。無知は負の歴史を繰り返すことに繋がる。知識を身につける必要性を感じ「核兵器は廃絶されるか」という3万字の論文を書き、核抑止力に安全保障を依存する国際社会の構造を考え直すべきだと提言した。

 この知識を生かしたいと考え、第14代高校生平和大使となった。今年の8月にスイス・ジュネーブに派遣され、国連欧州本部で英語でスピーチをし、核兵器の恐ろしさを世界に訴えた。私は核兵器の恐ろしさを外国に発信することばかりに目が向いていた。しかし、日本にも発信する必要性があると、スイス・ベルンの街頭にて核兵器廃絶の同意を求める署名活動をしたときに、強く感じた。それは、署名活動中に、あるスイス人の方から「こんな活動をする前に、日本人は政府に核兵器廃絶に真剣に取り組むことを要請するべきだ」と言われたからだ。

 日本は核兵器廃絶に深く携わっているのに、なぜ彼がそのようなことを言うのか。彼の言葉の真意に疑問を抱き、調べてみた。すると、日本は核軍縮に対して消極的だと外国から思われていることを知った。日本は核兵器廃絶を訴えるが、アメリカの核の傘に入り、結局は安全保障を核兵器に頼るという矛盾を抱える。そして、半世紀に及び隠されていた核密約が政権交代により暴かれたことによって、国際社会の信用を落としたことを知った。
なぜ核密約が発生したのか。関係者は「日本の安全保障のためには核兵器が必要である。しかし、日本人は核兵器と聞くだけで、危険なものであると思考停止し、拒絶反応する“核アレルギー”がある。そのため、核密約するという手段しかなかった」と話した。

あわせて読みたい

「原爆」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  2. 2

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  3. 3

    200人感染の東京 重症化見えるか

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

  5. 5

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  6. 6

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  7. 7

    感染増も無策か 小池都政に愕然

    大串博志

  8. 8

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  9. 9

    感染拡大を放置 安倍政権に怒り

    鈴木しんじ

  10. 10

    風営法の改正で感染拡大防止せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。