記事

アップル端末とアプリ併用試験、認知症患者を識別できる可能性


[8日 ロイター] - 米医薬品大手イーライリリー<LLY.N>は8日、米アップル<AAPL.O>のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」などの端末をデジタルアプリと併用して行った試験の初期的な結果で、軽度のアルツハイマー型認知症とそうでない人を識別できる可能性が示されたと発表した。

試験には60歳以上の被験者113人が参加し、アップル、イーライリリーと健康関連の電子情報・分析サービスを手掛けるエビデーション・ヘルスが実施した。アップルの端末を睡眠追跡アプリ「Beddit」とデジタルアプリを併せて使用。研究者は端末の使用データと参加者のアプリ履歴を検討した。

認知症症状のある人々は健康な人と比べて入力が遅い傾向があり、受け取るメールの数が少なかった。

参加者はまた毎日2つの質問に答える調査や、2週間おきにアプリで1つの形を別の形にドラッグするほか、円をできるだけ早くタップするなどの簡単な作業を行うよう求められた。

試験ではアルツハイマー病の前段階の軽度の認識障害を持つ人々の識別も目指していた。

あわせて読みたい

「Apple」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    志村さん巡り千鳥大悟に心配の声

    AbemaTIMES

  2. 2

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  3. 3

    志村さん死去 TV局は徹底検査を

    渡邉裕二

  4. 4

    党が機能しなくなった政権の惨状

    門田隆将

  5. 5

    戦隊レッド俳優の感染公表は英断

    常見陽平

  6. 6

    「大企業の倒産」が招く負の連鎖

    大関暁夫

  7. 7

    非常時も平社員に判断任せる日本

    非国民通信

  8. 8

    渡邉美樹氏 持ち帰り注文を嘆願

    わたなべ美樹

  9. 9

    富士フ臨床試験開始 増産も準備

    ロイター

  10. 10

    バーに風評被害? 小池知事を批判

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。