記事

中国PPI、7月は前年比-0.3% 3年ぶりのマイナス


[北京 9日 ロイター] - 中国国家統計局が発表した7月の生産者物価指数(PPI)は前年比0.3%低下し、2016年8月以来のマイナスを記録、アナリスト予想(0.1%低下)以上に落ち込んだ。

デフレ懸念が強まるとみられ、中国政府には、米国との貿易戦争激化を受けて失速する経済をてこ入れするよう圧力がさらに高まった。

中国の製造業者は、国内外の需要が鈍る中、市場でのシェア維持のために値下げを余儀なくされており、収益性が低下し、新規投資への意欲が削がれている。

PPIは6月は前年比変わらずだった。7月の前月比は0.2%下落と、2カ月連続のマイナス。

エバーブライト・プラメリカ・ファンド・マネジメントのアナリスト、Zou Qiang氏は「弱い需要が生産者側の見通しに影響を及ぼしつつある」と指摘。不動産規制強化を背景に、今後数カ月、物価下落が加速するとの見方を示した。

米国やドイツなどの主要国の生産者物価もこのところ低調となっている。

中国PPIは産業別では、石油・ガス掘削(8.3%下落)、紙・紙製品製造(7.1%下落)などの下落率が特に大きかった。

生産者物価の低迷は中国企業の債務問題やデフォルト(債務不履行)リスクに関する懸念を助長する可能性がある。

同時に発表された7月の消費者物価指数(CPI)は前年比2.8%上昇し、2018年2月以来の高い伸びとなった。アフリカ豚コレラのまん延で、豚肉などが大幅に値上がりしたことが主な押し上げ要因。伸び率は予想の2.7%を若干上回った。6月は前年比2.7%上昇だった。

食品価格は前年比9.1%上昇し、2012年1月以来の高い伸びとなった。果物価格が39.1%と大幅に上昇。豚肉価格も18.2%上昇した。

一方、食品と燃料を除いたベースでCPIは前年比1.3%の上昇にとどまった。

キャピタル・エコノミクスは調査ノートで「消費者物価の伸び加速が家計の信頼感や実質所得の伸びを圧迫する一方で、生産者物価のデフレ回帰は製造業の利益に対するさらなる下押し圧力になる」と指摘した。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  4. 4

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  5. 5

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  6. 6

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  7. 7

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

  8. 8

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  9. 9

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  10. 10

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。