記事

全米ライフル協会、大統領選候補者らの乱射事件政治問題化を批判


[ワシントン 8日 ロイター] - 全米ライフル協会(NRA)は8日、2020年の次期米大統領選候補指名を目指す人々はオハイオ州とテキサス州で発生した銃乱射事件を政治問題化しようとしていると非難し、購入者の背景チェック強化に反発を表明した。この前日、トランプ大統領が銃購入者の身元審査厳格化に前向きな発言をしている。

NRAは人物や政党の名指しを避けながらも、「残念ながら、候補指名を目指す人々が放送メディアに飛びついてこの悲劇を政治問題化し、NRAと、法律を遵守している500万人の会員を悪魔のごとく表現している」との声明を発表した。

民主党の候補指名を目指す20人超の多くが、乱射事件を受けて銃規制の強化を提唱するとともに、NRAは意味のある銃規制法の実現を阻止していると非難している。

民主党の候補指名を目指すエリザベス・ウォーレン上院議員は、7日夜にアイオワ州で行なった集会で、「共和党員たちはNRAの支配下に置かれている。もうたくさんだ」と演説した。

トランプ大統領は7日に乱射事件の現場となったオハイオ州デートンとテキサス州エルパソの訪問に出発する際、銃購入者の背景チェック強化を望むとの考えを示したが、支持する可能性のある法律の詳細には踏み込まなかった。

ワシントン・ポスト紙は、NRAのラピエール会長が今週トランプ大統領に電話をかけ、背景チェック法は支持者に不人気だろうと進言したと報じた。

※写真を差し替えて再送します。

あわせて読みたい

「銃規制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  5. 5

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  6. 6

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  7. 7

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

  8. 8

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    ガソリン車新車販売 禁止へ調整

    ロイター

  10. 10

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。