記事

フランス、脱階層社会の試み 上

2/2

そこで、パリでは1991年7月13日の都市基本法で、ソーシャル・ミックスの概念を初めて取り上げ、都市圏内で均衡ある社会住宅配置を目的に、社会住宅の少ない市町村にその建設を促す取組を定めた。そして、2000年12月に制定されたSRU(solidarité et au renouvellement urbains=都市連帯と都市再生)法により、3500人以上の住民を抱える都市では、全住宅戸数に対する社会住宅の最低比率を20%と義務付けている。2003年にボルロー法が定められ、2004年からはパリだけではなく、フランス全国で実施されることとなったのだ。

しかし住民たちに葛藤がなかったわけではないだろう。今まで一部の地域に隔離されていたはずの“問題”が、自分たちの街に持ち込まれることになるのだ。各街ではそれなりの反対運動が起こった。しかし、着々と実行されていったのだ。この結果、一つの地域に、同じ階層の住民が集中することがなくなり、子供たちが同じ学校にいくなどを通して相互理解ができるような環境になりつつある。

例えば、現在、私が住んでいる地域では、以前は特定住居を持たない人々との争いがひどく、夏祭りでは乱闘がしばしば起きていた。そのため、ある年など、外来者が来ないようにと夏祭りの告知を一切しなかったことまである。しかし、長くフランスに住んでいる特定住所を持たない人々を対象にした社会住宅ができ、子供たちが学校に通うようになってから、そういった争いが起こることがなくなったのだ。確かに、今まで学校に行ったこともなかった大勢の子供たちが来た当初は、学校は大混乱だった。が、それもほんの1カ月ほどで収まり、その後は、何年も問題がない状態が継続している。

に続く。全2回)

あわせて読みたい

「フランス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  2. 2

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  3. 3

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  4. 4

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  5. 5

    東京都心に住むコストをケチってはいけない

    内藤忍

    08月04日 11:37

  6. 6

    菅政権の自宅療養方針に与党議員が批判?? 無責任な姿勢は最低なパフォーマンス

    猪野 亨

    08月04日 14:17

  7. 7

    オリ・パラ後の新国立は誰のためのスタジアム? - 上林功 (追手門学院大学准教授)

    WEDGE Infinity

    08月04日 09:49

  8. 8

    東京都で新たに4166人の感染確認 過去最多 重症者は3人増の115人

    ABEMA TIMES

    08月04日 17:04

  9. 9

    有害な言論はどこまで警戒すべきか?

    元官庁エコノミスト

    08月04日 15:07

  10. 10

    五輪マラソンで札幌は再び医療崩壊の危機

    田中龍作

    08月04日 19:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。