記事

展示再開 知事に要請/名古屋市長には謝罪要求/愛知県民の会

(写真)「表現の不自由展・その後」の再開を求める要請を行い、会見する市民ら=7日、愛知県庁

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の展示が中止された問題で、市民有志が「『表現の不自由展・その後』の再開をもとめる愛知県民の会」を立ち上げ連日行動しています。7日は愛知県知事に再開を求め要請。展示中止を求める発言をした名古屋市長には謝罪を求めました。

 同会は企画展が中止になった翌4日、抗議に集まった市民有志で結成。6日から会場前で「表現の自由を守れ」などのプラカードを掲げて毎日のスタンディングを始めています。

 7日は約50人が、トリエンナーレ実行委員会会長の大村秀章知事あてに要請書を提出。脅迫とどう喝により憲法と民主主義が破壊されることを許さない毅然(きぜん)とした態度と行動を示すためにも、展示再開を求めました。

 一方、旧日本軍「慰安婦」を象徴する「平和の少女像」などの展示を問題視し中止を求める発言をした河村たかし名古屋市長(実行委員会会長代行)には、一連の発言は憲法21条に違反するなどとして関係者や市民への謝罪を求めました。

 静岡や大阪などから居ても立ってもいられず駆け付けた人も。記者会見した市民は「中止を聞き、私自身の表現の自由が脅かされていると恐怖と怒りを感じた。再開まで声を上げ続けたい」「これは日韓の対立ではない。戦時性暴力に震えた女性たちを記憶しようとするのか、その存在も否定するのかです。私は記憶したい。河村市長の発言は卑劣なテロ予告とシンクロしている。これが日本の民主主義ですか? 日本の民主主義を見せてほしい」などと訴えました。

あわせて読みたい

「あいちトリエンナーレ2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米朝首脳から無視され始めた韓国

    早川忠孝

  2. 2

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    韓国情勢はトランプ氏が元凶か

    小林よしのり

  4. 4

    韓国が教科書から漢江の奇跡削除

    SmartFLASH

  5. 5

    小室圭さん 2千万円の追加借金か

    女性自身

  6. 6

    文大統領が韓国を滅ぼす可能性も

    自由人

  7. 7

    「嘘の天国」韓国本が自国を批判

    高英起

  8. 8

    打倒自民だけの野党に国民は失望

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  10. 10

    住職の煽り運転めぐる報道に指摘

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。