記事
  • ヒロ

ビジネスに限れば日韓を横目に日台関係強化はありえる

1/2

先日、バンクーバーである招きに応じて台北市の「青少年民族運動訪問団」による一種の雑技公演に参りました。日本人は3人だけでしたが、VIPとして丁重にして頂きました。
その際、司会の方がぜひ台湾に遊びに来てくださいと観客に訴えていたのはそのあと報道された中国による台湾への個人旅行の中止指令をまるで予見していたのでしょうか?

最近、改めて国際関係というものを様々な方と接触しながら考えるようになりました。
上述の公演の際に隣に座った方もバンクーバーの台湾商工会議所のトップを務められた方でそのあと、記念撮影をしながらバンクーバーにおける日台の関係が強まればといいですね、と固い握手をして別れました。

日本はアジアの中のOne of Themであると考えるとそれぞれの国が持つ特徴を捉えながら1+1=3という関係を作り上げなくてはいけません。
いつまでも日本はアジアでNO1の国だという考え方は10年以上も前から変わりつつあるのですが、日本人のマインドにはまだそのおごりが消えていないかもしれません。

ビジネス的に考えれば今まではどこでモノやサービスがたくさん売れるか、というスタンスでした。これからは日本は誰とアライアンスを組めばより強くなれるか、というスタンスに立つべきでしょう。つまり信頼おける国際パートナーづくりであります。
もちろん日本にはアメリカという巨人との関係をしっかり築いていますが、逆にそれが邪魔するときもあります。

日本人はアジアの人種であり、アメリカの白人とは根本的に違います。文化も宗教観も立ち位置もすべて違う中でアメリカが英国やイスラエルと結んでいるアライアンスとは違う背景があることを考えれば日本がこれから考えるのはアジアの中での絶対的地位の確立であります。

そんな中、日韓関係は地理的には最も近い隣国の一つであるのに最も遠い関係になりつつあります。
では今後、アメリカの仲介のもと、Standstill(この場合、双方の応酬合戦の一時停止でしょうか?)があったとしても根本的には元のさやに戻るには相当のしこりを残してしまいました。

一方、日本だけを見るとビジネス的には冴えない状態が続きます。明らかに伸び悩んでいます。
そんなこともあり、日本と組みやすい相手は誰なのだろう、と考えた時、台湾は日本人との相性の良さを含め、良きパートナーになると感じています。

もちろん、政府レベルでは日本が中国を外交の相手として認知しているため、台湾とは形式上、疎遠ということになっていますが、ビジネスではいくらでも交流できます。

あわせて読みたい

「台湾」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    春節が日本での感染爆発防いだか

    岩田健太郎

  3. 3

    米医の「コロナ99%予防」に感心

    原田義昭

  4. 4

    外出禁止 日本人の消えたハワイ

    荒川れん子

  5. 5

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  6. 6

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  7. 7

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  8. 8

    推定死者1万6千 緊張続くNYの今

    堂本かおる

  9. 9

    コロナ軽視? 不可解な愛知県知事

    水島宏明

  10. 10

    マスク配布で薬局の行列は減るか

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。