記事

NHKキャスター、台湾総統から出されたタピオカに「おもてなし感じた」

蔡英文ツイッターより

 8月2日に放送された『ニュースウォッチ9』(NHK)で、有馬嘉男キャスターが、台湾の蔡英文総統と対談した。その映像に、日本で大流行中の「タピオカミルクティー」が映っていた。

 この対談は、有馬氏による台湾ルポの一環。毎週のように行われている香港デモに対し、同じように中国からの圧力にさらされてきた台湾が抱える危機感について現地取材したものだ。

 インタビュー自体は、厳かな雰囲気で進んでいった。

 有馬氏が「中国の習近平主席の圧力が強まっていくなかで、台湾はどうあるべきだと理想を描いてらっしゃるのか」と切り込むと、蔡総統は「地域の平和と安定はとても重要。互いに責任感を持って対応しなければならない。中国との関係における我々の原則は『挑発しない』『(緊張を)エスカレートさせない』。現状維持だ」と答えていた。

 そんなひりひりとした対談中、横に添えられていたグラスには、茶色い液体と小さな黒い粒々が。まぎれもなくタピオカミルクティーだ。両者の真剣な表情とタピオカミルクティーのミスマッチに、ネットはざわついた。

 ツイッターには、

「相手が会談中にタピオカもぐもぐしだしたらなんかテンパりそう」
「タピオカを噛みながら真剣な眼差しで会談しちゃうのですね…」「タピオカ多めで羨ましい」
「会談の内容は甘くなさそう」
といった声があふれかえった。

 そんななか、蔡総統は8月3日に自身のツイッターで《有馬キャスターとのインタビューは台湾と香港の未来について真剣な議論でしたが、それでも台湾が世界に誇るタピオカミルクティーをお試しいただきたかったんです!》と熱い気持ちを語っていた。

 台湾発祥といわれるタピオカミルクティーによって、友好の意を表明したのだろう。

 こうなると、有馬キャスターの反応も気になるところ。肝心のタピオカの味はどうだったのだろうか。

 NHK広報に問い合わせてみると、「インタビューはこちらから申し入れて実現したものですが、総統のおもてなしの心が伝わるものでした」と控えめな返答があった。

 大流行中のタピオカミルクティーだが、その勢いは政治の場にも届いているようだ。

あわせて読みたい

「タピオカ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「政治家は明言を避け、決めるのは専門家」日本の政治はナチス化している

    PRESIDENT Online

    04月13日 16:13

  2. 2

    米ニューヨークタイムズの東京五輪中止論は「もっともな意見」

    志村建世

    04月13日 17:31

  3. 3

    千代田区の名門公立中学校で通知表に「1」を連発した新校長の主張

    NEWSポストセブン

    04月13日 09:29

  4. 4

    世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

    田中龍作

    04月13日 20:46

  5. 5

    海洋放出も地層処分も強行するな

    畠山和也

    04月13日 08:42

  6. 6

    「いじられるのが上手い人しか生き残れない」は昔の話? ケンコバが感じた「第七世代」への“違和感”と“現実” 『お笑い世代論 ドリフから霜降り明星まで』より #2 - ラリー遠田

    文春オンライン

    04月13日 10:05

  7. 7

    社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」

    キャリコネニュース

    04月13日 18:08

  8. 8

    なぜ市町村に、具体的なワクチン配布の日程を伝えられないのか

    大串博志

    04月13日 08:50

  9. 9

    学者も生産者も軒並み反対 「海洋放出以外の選択肢ある」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    04月13日 08:45

  10. 10

    カンニング竹山の小池都政批判発言ミスはテレビの「YouTube化」が招いたか

    渡邉裕二

    04月13日 11:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。