記事

この世に匿名などない。嫌がらせをすれば逮捕され実名晒されるーガソリン脅迫犯逮捕

表現の不自由展に対し、ファックスでガソリン持参するなどと脅迫した人物が、はやくも逮捕された。

容疑を認めているとのことで、逮捕され実名が全世界にネットで晒されている。

罪が軽かったとしても、一生ネットに残り続ける人生の汚点だ。

未だ勘違いしている人が多いけど、この世に匿名なんてない。

匿名で嫌がらせや、脅迫しようがバレないと思い込んでいるのかもしれないけど、記録に残せば足跡がつき、警察が本気出せば数日で個人を特定され、一生恥さらし者としてネットに世界に刻印されてしまうのだ。

気にくわないやつに嫌がらせをして困らせてやろうと、安易な気持ちでしたのかもしれないが、そのたった一つの軽はずみな行為が人生を棒に振ってしまう。

罪は軽くても逮捕されたという事実は一生ネットに残り、今後の人生何をやるにもその汚点がつきまとうのだ。

これからますますこうした嫌がらせや脅迫は厳しく取り締まられる方向になっていくだろう。

世界全体が、この日本も右傾化していることや、京アニ事件のような犯罪が起きているからだ。

京アニ事件でガソリンをまいて30名以上をころした凶悪犯は、犯行前に匿名掲示板に書き込んでいたという。

事前に警察が察知し個人を特定すれば、もしかしたら防げたかもしれないといった話になれば、匿名掲示板の書き込みを犯罪者予備軍のリストとして警察が個人を特定し、何かあればすぐさまそこから犯人を見つけ出すといったことや、嫌がらせ書き込み者を事前に逮捕するといったこともしていく流れになるだろう。

この世に匿名はない。

バレないと思ったら大間違い。

たった一度の気まぐれで嫌がらせ行為をしたことが、匿名のつもりが個人が特定され、全世界に実名を犯罪者として晒されてしまう。

刑罰なんかより、ネットに名前が残る方が大きなペナルティとなる。

ガソリン脅迫犯は、匿名ファックスのつもりがあっさり逮捕され実名を晒されている。

安易な気持ちで嫌がらせや脅迫をすると、一生人生を棒にふる可能性があることを考えて行動したい。

あわせて読みたい

「ネットの匿名性」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米朝首脳から無視され始めた韓国

    早川忠孝

  2. 2

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    韓国情勢はトランプ氏が元凶か

    小林よしのり

  4. 4

    韓国が教科書から漢江の奇跡削除

    SmartFLASH

  5. 5

    小室圭さん 2千万円の追加借金か

    女性自身

  6. 6

    文大統領が韓国を滅ぼす可能性も

    自由人

  7. 7

    「嘘の天国」韓国本が自国を批判

    高英起

  8. 8

    打倒自民だけの野党に国民は失望

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  10. 10

    住職の煽り運転めぐる報道に指摘

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。