記事
  • 東龍

知った気になっているM.O.F.って本当は何? 日本で起きた37年ぶりの快挙

1/2

M.O.F.とは何か

M.O.F.(エムオーエフ)という言葉を聞いたことがありますか。

M.O.F.とはMeilleur Ouvrier de Franceの略称であり、日本語に訳すとフランス国家最優秀職人章になります。

約200種以上のフランス文化の最も優れた継承者にふさわしい、最も優秀な技術を持つ職人に授与される称号。そしてその評価は名を馳せた著名な人が対象というわけではなく、ひとつの道に心身を打ち込んで今後ますます活躍するプロフェッショナルを対象としており、それはつまり現在、一番勢いのある人物とも言えます。

受章者はフランスの料理界においてはまさに、憧れの存在となり、日本の人間国宝の存在に近い人物として敬われています。

出典:PR TIMES

テレビや雑誌、インターネットの記事では時々、M.O.F.の料理人やパティシエという表現が見掛けられますが、フランスでは料理人やパティシエにとって最高の栄誉といえるものなのです。

世界的な料理人やパティシエが受章

もう少し詳しくみていきましょう。

食、建築、服飾、宝飾、美容等200種以上の職業を対象に、フランス文化の最も優れた継承者たるにふさわしい高度な技術を持つ職人に与えられるフランス国家の称号で、1924年に開催されて以来、3年から4年に一度、開催されている歴史あるコンクールです。

特に食の世界におけるM.O.F.は、フランス料理界最高峰の栄誉として知られており、料理、製菓、パンなどの各部門があります。

評価ポイントとなるのは、極めてタイトな時間内での手際の良さ、最新の技術に関しての知識、伝統的な技術に関してのノウハウ、突発的な難題にも瞬時に即応できる対応力、クリエイティビティ、美的センスなど、トップシェフに必要とされる資質の全てについて極めて厳しい難易度の高い選抜試験で知られています。

コンクールに合格し、M.O.F.の称号を得た者だけが、名誉あるトリコロールカラー襟のコックコートの着用が認められています。

出典:PR TIMES

数年に1度しか開催されていないので、チャンスが少なくて希少価値が高いといえるでしょう。これに加えて審査期間も2年から3年と非常に長いです。

そもそも出願することも難しく、フランスで5年以上働き、推薦状も必要となるなど、応募するだけでも大変です。

M.O.F.を授与された食の偉人を挙げると、料理人にはポール・ボキューズ氏、ジョエル・ロブション氏、アラン・シャペル氏、パティシエにはピエール・エルメ氏、ジャン=ポール・エヴァン氏などがいます。

日本でも多くの人に知られている世界的な職人が受章しているのです。

日本の褒章や表彰

日本にも料理人に授けられるいくつかの名誉な褒章や表彰があります。

現代の名工は、厚生労働大臣によって表彰される卓越した技能者の通称であり、広く社会一般に技能尊重の気風を浸透させ、職業に精進する気運を高めることを目的としている表彰制度です。工業技術や伝統工芸など各分野で優れた技術や業績を持つ技能者が対象であり、毎年1回約150名が表彰されます。

黄綬褒章は「業務に精励し衆民の模範たるべき者」、つまり、農業、商業、工業などの業務に励み、模範となる技術や事績を有する人に授与されるものであり、内閣総理大臣が決定します。毎回約200名前後が選出され、4月29日(昭和の日)と11月3日(文化の日)に発令されます。

ちなみに、よくテレビなどで紹介される紫綬褒章は「学術芸術上の発明改良創作に関し事績著明なる者」に授与され、学術、芸術、スポーツに関わる方が対象です。

人間国宝は、文部科学大臣が指定した重要無形文化財の保持者として各個認定された人物を指す通称。芸能分野と工芸芸術分野から選ばれており、毎年1回有識者が構成する専門調査会によって審査と認定が行われます。

調理技術という重要無形文化財を保持するという点では、M.O.F.は人間国宝に最も近いといって間違いないでしょう。

ルノー オージエ氏がM.O.F.を受章

ルノー オージエ氏/著者撮影

このように、M.O.F.は非常に大きな価値をもちますが、実はここ日本で最近、ある快挙が起きました。

それは、ホテルニューオータニ「トゥールダルジャン 東京」でエグゼクティブシェフを務めるルノー オージエ(Renaud Augier)氏が日本在住の料理人としては実に37年ぶりにM.O.F.を受章したことです。

2019年度 料理部門M.O.F.選抜審査

  • 書類選考

753人が合格

  • 一次審査(2018年4月)

650名が合格

  • 二次審査(2018年9月)

166名が合格

  • 三次審査(2018年10月)

28名が合格

  • 最終審査(2018年11月)

7名が料理部門M.O.F.に決定

2019年度の審査過程をみても分かるように、書類選考に通るほどの一流料理人であっても、753人のうち7人しかM.O.F.を受章できないという非常に狭き門です。

フランスの現地時間2019年5月13日には、ソルボンヌ大学および大統領官邸であるエリゼ宮で、授章式が開催され、正式にM.O.F.が授与されました。

オージエ氏は1981年生まれと若く、2019年度の料理部門受章者7名の中では最年少ながらも、その実力と才能、料理人としての人間性が改めて認められたということになります。

ルノー オージエ氏とは

では、このような快挙を成し遂げたオージエ氏はどういった料理人なのでしょうか。

以下、プロフィールを紹介します。

ルノー オージエ氏のプロフィール

1981年生37歳 。フランスのグルノーブル地方出身。16歳で、一ツ星レストランから修行時代をスタートさせ、かずかずの二ツ星、三ツ星レストランで研鑽を積んだ後、トゥールダルジャンパリ本店を経て、2013年春にトゥールダルジャンの世界唯一の支店であるトゥールダルジャン 東京のエグゼクティブシェフに就任。トゥールダルジャンパリ本店の伝統、エスプリを踏まえながら、シェフの感性と技で新しいクリエイションに挑戦しています。

出典:トゥールダルジャン 東京

16歳の時から料理の道へと入り、モナコ「ル・ルイ・キャーンズ-アラン・デュカス・ロテル・ド・パリ」、フランス・シャンパーニュ地方「レ・クレイエール」など、多くのミシュランガイド星付きレストランで技術を磨いてきました。

そして、「トゥールダルジャン パリ本店」を経て、ホテルニューオータニにある世界で唯一の支店である「トゥールダルジャン 東京」エグゼクティブシェフに就任しています。

「トゥールダルジャン パリ本店」の伝統の味わいと格式を継承しながらも、自身の豊かな感性を取り入れました。

トゥールダルジャンとは

「トゥールダルジャン パリ本店」の歴史は非常に長いです。

その始まりは1582年のアンリ三世の時代、場所は古きパリの中心であった五区のセーヌ河畔。サンルイ島の前にあった一軒の旅籠から、トゥールネル城の塔が見えました。この塔は、太陽の光に反射して銀色に輝く雲母で飾られており、フランス語で「銀の塔」を意味する「トゥールダルジャン」と呼ばれていたのです。

トゥールネル城は当時の王様がパリに立ち寄るために建てられたものでした。旅籠の主人が国王から塔を店の紋章に使うことを許され、店の名前も「トゥールダルジャン」としました。

それ以来「トゥールダルジャン パリ本店」が400年前と同じ場所に今も存在し、ゲストをもてなしていることは、驚くべきことであるといってよいでしょう。

「トゥールダルジャン パリ本店」の軌跡は、まさに近代フランス料理の軌跡であるといっても過言ではありません。

トゥールダルジャン 東京の特徴

エントランスからのアプローチ/著者撮影

この圧倒的な歴史を誇るトゥールダルジャンが、ホテルニューオータニの約400年の歴史をもつ庭園を望める地に、世界唯一の支店として「トゥールダルジャン 東京」をオープンしたのは1984年の秋でした。

エントランスはシックな濃紺に彩られており、ブルボン王朝を連想させます。壁面には、ロイヤルファミリーをはじめ、政財界、文化人など各界の著名人によるサインが飾られているのも圧巻でしょう。

エントランスホール/著者撮影

エントランスホールは、ルイ16世の時代とルイ14世の時代を表現。ホール中央には、トゥールダルジャンの歴史の中でも有名な「三皇帝の晩餐」をイメージした食卓のディスプレイがあります。

ロシア皇帝アレクサンドル2世と子息の3世、従兄弟であるプロシア(今のドイツ)のヴィルヘルム1世、首相のビスマルクがパリ万博の際に食事したシーンを再現しました。

店内に設けられたバーでは食前酒と食後酒を楽しめます。壁面には歴代の国王や宮廷の名士など、フランスの食文化に貢献した51人の肖像画がずらりと並べられており、壮観です。

イタリア製の大理石テーブルとその上に載せられた鴨のプレス機/著者撮影

ダイニングルームはルイ15世のロココ時代を表現した空間となっており、壁面の樫の木はフランスから運んできました。壁面中央には、優美なドレープが彫刻されたイタリア製の大理石テーブルが置かれています。

「トゥールダルジャン 東京」ダイニングルーム/著者撮影

エントランスからのアプローチやウェイティングスペース、ダイニングルームは、通常のグランメゾンの数倍もの広さを誇っており、空間は実に豊かです。

まさにグランメゾンの中のグランメゾンともいうべき、文句のない設えになっているといえます。

あわせて読みたい

「グルメ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    景観重視で堤防拒否した二子玉川

    田野幸伸

  2. 2

    八ッ場ダムが活躍? 称賛を危惧

    藤田哲朗

  3. 3

    非喫煙者も責任? 条例に区議苦言

    大田区議会議員奈須りえ

  4. 4

    ホームレス拒否への批判に疑問

    永江一石

  5. 5

    矢沢永吉に苦情 不謹慎探す社会

    常見陽平

  6. 6

    災害時リスク高いタワマンの欠点

    tokyo editor

  7. 7

    橋下氏 八ッ場ダム活躍は偶然か

    PRESIDENT Online

  8. 8

    電気代に裏金乗せるヤクザな関電

    毒蝮三太夫

  9. 9

    旭日旗にパブロフの犬状態な韓国

    文春オンライン

  10. 10

    荒れた日韓関係と無縁のラグビー

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。