記事

元NGT山口真帆、活動再開でバラエティ番組からオファー続々

女優よりバラエティタイプか(写真/時事通信フォト)

“悲劇のヒロイン”として2019年上半期のアイドル界を騒がせた元NGT48の山口真帆(23)。今年1月、新潟市内の自宅マンションで2人の男性ファンから暴行被害に遭っていたことをSNSで告白したことをきっかけにNGTの安全管理体制が問われる事態となった。

 この騒動でNGTを脱退した山口は、5月に大手芸能事務所に移籍し、心機一転、芸能活動を再開させる意向を示している。

「本人は歌手ではなく、モデルや女優としての活動を希望している」(芸能関係者)というが、山口の活動再開にはひとつ懸案がある。NGTの運営会社と、山口への暴行容疑で逮捕(不起訴)された男性ファンとの間の裁判だ。

「この襲撃事件によってグループ内の信頼関係が壊れ、事実上の活動休止となったことで、運営会社が男性に損害賠償を求めています。ただ、男性側も争う姿勢を見せており、真相究明はまだ遠い。山口が証人尋問に出廷する可能性もある。係争中となると、女性ファッション誌やテレビドラマ、映画などからはなかなか声がかかりづらいのが現実です」(スポーツ紙デスク)

 一方、その裁判の決着を待ち望んでいるのが、「バラエティ番組」である。

「彼女に体験を踏まえたぶっちゃけトークをしてほしいと考えているプロデューサーは多い。実際、山口のもとには複数のバラエティ番組からオファーが来ているそうで、裁判が終われば出演の可能性もあるといいます。本人はモデルや女優志望かもしれませんが、彼女の素顔はおっとりキャラで、もともとバラエティ向き。視聴者は必ず食いつく」(テレビ局関係者)

 年末のバラエティ番組では彼女が“センター”になっているかも。

※週刊ポスト2019年8月16・23日号

あわせて読みたい

「山口真帆」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  7. 7

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  8. 8

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  10. 10

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。