記事

“自民・N国の二大政党制“も視野と豪語 N国党代表・立花孝志氏、NHKスクランブル放送化への道筋を語る

2/2

選挙出馬は資金集めとPRのため

—2013年の結党時から今回の参院選で一議席を取ることを目標にしていたそうですが、これまでの地方選挙はそのステップだったのでしょうか?

参院選に出るには、どんなに安くても5000万円以上はかかります。このお金をどうやって集めるのかと言えば、市議会議員選挙で得た報酬から集めるんです。お金を誰かからもらえば、その人に忖度する政治になることは避けられないので、我々は政治活動や選挙活動をする原資はできるだけ税金から取ってこようと考えたわけです。

結局、選挙が一番安く上がって効率的な広報・PRなんです。だから、「落ちても良い選挙」と「当選する選挙」を使い分けて、落ちても良い位置付けの選挙では、次回以降の選挙で効果がある地域にしかポスターは貼りません。

—都知事選や参院選での政見放送も、結果的に今言った「効率的な広報」になっています。

都知事選の政見放送は3年後、今回の参院選に向けた先行投資です。今回の参院選は次の衆院選への先行投資です。参院選の投票率を見ると、国民の半分以上は投票に行かなかったわけで、本来はこの人たちこそが多数派で、舵取りをしてこの国の未来を決めるべきなんです。

でも「平和だからいいか」「どこに入れたらいいか分からない」という人が大半です。こうした人に、政治には無関心でいられるけど無関係ではいられない、ということを発信し続けるのが政治家の仕事だと思っています。だから品位に欠ける、と批判されようとやるべきだと思いますけどね。「悪名は無名に勝る」でしょう。諸派の政党が真面目なことを言っても誰も聞かないでしょう。

—政見放送の内容は候補者がそれぞれ自分で考えているのですか? 結果的に党が注目を集めるきっかけになっていましたが、立花さんからの指示はなかったのでしょうか。

参院選には、地方選挙で落選した議員のほか、YouTubeで声をかけて集めた候補者が出馬しました。政見放送については「何をしてもいい」と伝えてあり、候補者が一人ひとり自分で考えています。

僕から「何をしなさい」とは一切指示していません。「できるだけ、面白いことをしなさい」とは話していましたが、中には面白いことができない人もいるので「ずっと黙っとけば」「ずっと『ぶっ壊す』って言っとけば」なんてアドバイスをして、それを聞いた人間が2人いただけです。指示ではない。

「野党の失敗」から草の根選挙を学ぶ

—地方議会でも議席数を増やしていますが、放送法の改正とは直接つながらない自治体レベルで支持が伸びいている理由についてどう考えていますか?

これは簡単な話で、我々が市民に寄り添っているからですよ。地方議会というのは市民と直接コミュニケーションが取れるので、有権者は自分に何かしらのメリットがあることをしてくれる人に投票する。そこで我々が選んでもらえた、というのが地方選挙で支持を得られている理由ではないかなと。

—多くの野党は、地方に票が根付いていないため、与党批判ばかりしているように見えるということがよく言われます。

我々は地方からしっかりと進めていこうと考えていました。それは民主党の失敗と維新の会の失敗を見ているからです。民主党は足元が磐石でないのに県議会議員、国会議員が増えて頭でっかちになってコケた。維新の党は、大阪は固めたけど他が弱いからうまくいかない。だから我々は下をしっかりと固めてから国政に進出しようと。

—党所属の議員から党に多額の上納金を納めないといけないという話は事実でしょうか?

これは全く事実ではありません。むしろ、お金を納めていただいた方にはこれからお返ししていきます。僕は人に命令するのが苦手なんです。上納金というのはネット上で勝手に言われていることで、実際にお金を入れてくれている議員に対しては、選挙の時にそれ以上のお金を出している。

ただ、それを一括で返すよりは党にお金を入れてよ、と言っている程度の話で。入れてくれたお金に関しては、必ず支部に返すから、またボランティアの人たちに使ってあげてほしいということです。

私人逮捕は「選挙とはそういうもの」

—地方議会の選挙運動中の話だと思いますが、N国の候補者や運動員が高圧的な態度で市民に接している、私人逮捕はやりすぎではないのでは、という批判も上がっています。

これに関しては、皆さんに「選挙はそういうものだ」と知ってほしいです。民主主義国家における選挙というのは崇高なものなんです。もし文句があるなら、立候補しなさい、と。たとえそれが事実であったとしても、選挙期間中は他人の悪口を言ってはいけない。それくらい選挙期間中の候補者は守られているんです。

高齢者や女性の候補者が男性から妨害行為を受けたら恐怖を感じますよね。選挙期間中は、表現の自由よりも候補者の権利が守られているわけですから、逮捕されるかどうかは別にして、「嘘つき」なんてヤジを飛ばした場合は強く罰せられるべきなんです。そうしたヤジを飛ばす人が、どこかの陣営である可能性は極めて高いんです。

—なるほど、そういう可能性もあるから厳しく対処する、と。

これまでの政治家はイメージを大事にしてきました。でも、我々を妨害する勢力は抵抗勢力として扱って、厳しく対処する。それくらい過激に政治をやるんだということを前面に出しています。

私人逮捕についても、逃げる人は捕まえますよ。それはこれからも変わりません。周りから見たらイメージは悪いかもしれないけど、やっていることは合法です。ただ、うちがやっていることが危険であることも理解しているので、早く解党した方が良いとは思います。でも、国民は我々が危険でもNHKの改革を望んでいるわけです。NHKの方がもっと危険だからでしょう。

—陣営の運動員の方が、激しく市民を罵倒する様子を見て行きすぎでは、とも思いました。立花さんが指示しているわけではないんですか?

罵声とかは言いすぎたところもあるので、党のトップとしてはもう少し冷静に対応してほしいとも思って反省しています。運動員の方も、選挙の最終盤で血気盛んになっていて、そこは冷静に演出していく必要があります。それは本気で怒ったらダメですよ。国民に対して、妨害するとこういうことになるぞ、というメッセージなので。ただ、支援者の方は全員が議員ではないし、僕のそういう過激な部分が好きな人はウワーってなってしまうので、イメージが悪くなってしまうのは事実です。ただ、イメージで選挙しているわけではなく、我々は中身でやっている。現に、選挙結果や発表された支持率を見ると、我々への支持が現れていて、やってきたことは間違ってなかったんだなと感じました。

“N国・自民”二大政党制を目指す

—無所属の議員に声をかけていることが伝えられていますが、政策が一致しなくても政党交付金を求めてN国に合流することも予想されます。

それでいいんです。そもそも政策が違う国会議員っていうのは誰もいません。

—政策が「違う」人がいない?

世界平和、戦争のない国、国民の幸せ…全員望むことは一緒なんです。これを言っているのが自民党で、だから民主党の大臣を務めたことがある政治家が入ることができるんですよ。PCのハードディスクにドリルで穴を開けた自民党議員だって未だに議員を続けている。丸山穂高くんは違法行為を行っていないのだから、我々と一緒になってもおかしくないでしょ。最終的に政治というのは、国民の幸せや戦争のない国に繋がっていれば集まることができます。

そんな幅広い自民党と対峙するための二大政党制を作ろうと思ったら、たとえお金のために集まってきても受け入れるべきなんです。今の自民党を止めるためには、目的は何であれ集まることは正義だと考えます。

—今、N国が自民党の対立軸として大きくなり、二大政党制を目指すという意味のことをおっしゃいましたか?

それはずっと考えているし、そうなるべきだと思います。だから、右から左までどんな人までN国に入ってもらえるように、我々は完全なる真ん中を貫きたい。野党の人はちょっとしたことですぐ別れていくでしょう。そうではなく、その中心の幹になっていきたい。だから「え、この人?」と思われる人でも受け入れていくわけです。

マイナスが出ることも予想しているけど、世論調査を見ると支持率を1%近くとっているわけです。これは、自民党に対抗しうる政策を打てるのはNHKから国民を守る党しかない、と国民が強く思ってくれている現れなんじゃないでしょうか。

—なるほど、最後に改めて任期中にやっていきたいことを教えてください。

絶対にやろうと思ってるのはNHKからの被害者を守ること。これまでも電話をくれた人を助けてきましたが、これからは攻めの姿勢で。集金人にはヤクザのような人物がたくさんいるんですけど…。

—…遮ってすいません、それって本当なんですか?

いっぱいいますよ。だから、これからは集金人をつけ回していこう、と柏市議選に当選した大橋(昌信氏)には言っています。こちらからつけ回して、集金人が正しく業務を行っているか監視しよう、と。正しい業務をしていれば宣伝になるので、逃げるNHKがおかしいんです。

もう一つは、NHK受信料は全員が払ったら安くなるので、その裁判も進めていきます。もちろん最後の目的はNHKの被害者が出ないようにすることで、そのためのスクランブル放送の実現です。そこに向けては少し時間がかかるので6年くらいお時間をいただければな、と。

あわせて読みたい

「NHKから国民を守る党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米朝首脳から無視され始めた韓国

    早川忠孝

  2. 2

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    韓国情勢はトランプ氏が元凶か

    小林よしのり

  4. 4

    韓国が教科書から漢江の奇跡削除

    SmartFLASH

  5. 5

    小室圭さん 2千万円の追加借金か

    女性自身

  6. 6

    文大統領が韓国を滅ぼす可能性も

    自由人

  7. 7

    打倒自民だけの野党に国民は失望

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  9. 9

    「嘘の天国」韓国本が自国を批判

    高英起

  10. 10

    住職の煽り運転めぐる報道に指摘

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。