記事

有吉弘行、後輩芸人に「借金は300万円が限界」と強く警鐘

 8月4日放送のラジオ『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)で、有吉弘行が、お笑い芸人の借金について持論を展開した。

 この日ゲストとして登場したのは、有吉の後輩芸人「やさしい雨」の松崎克俊。松崎のアニメ好きをひとしきりいじった後、有吉が「借金は減ってないのか?」と口火を切った。

 松崎が「借金は増えましたね」と笑いながら話すと、「なんでだよ」と有吉がツッコむ。「いや、ちょっと。申請したら貸してくれるって言うんで」と松崎が弁明すると、「借金だけはするなって言ってるだろ、俺は」と有吉が非難した。

 松崎が借金総額を130万円と明かすと、有吉は松崎にこう警鐘を鳴らす。

「ちょっとリミット近いな。竹山さんとかもさ、昔の芸人はもっとお金を借りやすい状況だったから、いわゆる街金みたいなね。あれで(借金が)300万いくと、もうみんな返せなくなっちゃって、潰れちゃう。芸人がどうやって働いて頑張っても、ちょっとバイトして利子払っても、みんなパンクしちゃう」

 続けて有吉は、「『最終的に自己破産すりゃいいや』って考え方って最悪だと思うよ。だって、迷惑かけてもいいって思ってるわけだろ? 返す気持ちはあるけど、ずっと返さないじゃない。どんどん借金増やして。もし返せない事態になったらどうするの?」と松崎を問い詰めた。

 松崎は「返せない事態になったら、そうですね、債務整理するなり、なんなり……」としどろもどろ。

 有吉は「自己破産。そうすると、お金を貸してくれたところはどう? 最終的にそういう気持ちで借りてんだもんな? 悲しいよ、俺は。アニメも泣いてるよ。悲しい金で買ってるんだもん。おかしいじゃない。楽しいもん買って、あなたの生活は苦しくなってんだから」と真剣モードで説教していた。

 有吉はその後も松崎を叱り続け、最後は「じ~こはさ~ん、さいむせいり~」と歌いだす始末。松崎からは「借金の話するの怖い……」と怯えられていた。

 かくいう有吉自身は、ブレイク後にどん底を経験し、貯金を切り崩して堅実な生活をしてきた苦労人。他人に金銭面で迷惑をかけないという有吉のポリシーが垣間見える一幕だった。

あわせて読みたい

「有吉弘行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田中康夫氏 脱ダム批判受け反論

    田中康夫

  2. 2

    アマゾン火災 責任の一端は日本

    ビデオニュース・ドットコム

  3. 3

    文政権 総選挙で「死に体化」か

    文春オンライン

  4. 4

    ラグビーW杯「日本不利」予想か

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    ZOZO売却でライザップ再建を想起

    大関暁夫

  6. 6

    ユニクロ会長の日本人批判に反論

    自由人

  7. 7

    若者に広がる自己中心主義の復活

    ヒロ

  8. 8

    質問通告遅らす森議員は官僚の敵

    天木直人

  9. 9

    橋下氏 徴用工の個人請求権残る

    文春オンライン

  10. 10

    よしのり氏 安倍首相に期待残す

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。