記事

ドイツ、債務抑制やめ投資拡大すべき=有力エコノミスト


[ベルリン 5日 ロイター] - ドイツの借り入れコストが過去最低となる中、同国の公的債務を抑制する財政規律はばかげており、国益を損ねると有力エコノミスト2人が5日、指摘した。

ロイターに対し、こう語ったのはドイツのDIW経済研究所のマルセル・フラッシャー所長とIW経済研究所のミハエル・ヒューター所長。メルケル首相率いる連立政権に対し、新たな債務を抑制する公約の再考を求める圧力が強まりそうだ。

フラッシャー氏は「債務抑制はばかげており、ドイツに害を及ぼしている」と指摘。「厳しい経済状況の中、連邦政府に黒字を維持することを義務付け、経済安定化や雇用維持に向けた投資拡大を阻んでいる」と述べた。

また、ドイツにはインフラや教育、革新への蓄積された大きな投資ニーズがあるとし、30年債でも利回りがマイナスに転じたことから新たな債務の抑制に固執するのは賢明ではないとの見解を示した。

ヒューター氏は、ドイツは新たな債務を負って今後10年間で1000億ユーロ(1120億ドル)超相当の公共投資基金を創設するべきだと提言。「状況は変わっており、債務抑制はもはや効果的ではない」と指摘した。

「現在は新たな債務を負っても利益を得られる。さらなる公共投資を賄うために今そうしていないなら、機会を逃している」と語った。

また、新たな債務を負って次の世代に負担をかけるべきではないとのドイツの主張は資金調達環境の変化によって根拠がなくなったと指摘。「今投資しなければ、今の世代に負担をかけるだけでなく、次の世代にはさらなる投資の必要性が生じる」と述べた。

提案した投資基金について道路や橋の建設・修繕、鉄道システムの刷新、第5世代(5G)移動体通信システムの全国展開に充てるべきだとした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    韓国で増えるコロナ新規感染者 日本との違いはワクチンか

    ニッセイ基礎研究所

    11月27日 09:38

  2. 2

    石破茂氏「核兵器の保有も白地的に議論される韓国の動向に日本は関心を持つべき」

    石破茂

    11月27日 16:18

  3. 3

    現役世代への負担増、コストの高いクーポンばらまき…岸田内閣の経済対策は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    11月27日 10:41

  4. 4

    年収1000万円以上の世帯が4割超 東京23区の“超高収入エリア”は

    NEWSポストセブン

    11月27日 16:34

  5. 5

    ひさしぶりの良作なのにかわいそう…NHKが朝ドラ存続のために今すぐやるべきこと

    PRESIDENT Online

    11月27日 11:53

  6. 6

    ο(オミクロン)株は第6波になる可能性

    中村ゆきつぐ

    11月27日 09:39

  7. 7

    「イヤなことを連続でさせると無気力になる」。子どもの熱量を冷まさないで。(野田クリスタル)

    ベネッセ 教育情報サイト

    11月27日 15:23

  8. 8

    オミクロン株の国内流入を水際で防げたら、岸田内閣はさすが、と言えるのだが・・

    早川忠孝

    11月27日 14:23

  9. 9

    南アの保健相「規範に反している」と批判 世界各国による渡航制限の決定受けて

    ABEMA TIMES

    11月27日 17:57

  10. 10

    実質GDPがコロナ前の水準に戻っても経済正常化とは言えない理由 - 斎藤 太郎

    ニッセイ基礎研究所

    11月27日 16:17

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。