記事

米ウォルマート、銃販売を継続へ 乱射事件で中止圧力強まる


[5日 ロイター] - 米小売り大手ウォルマート・ストアーズ<WMT.N>は5日、テキサス州とオハイオ州で週末に2件の銃乱射事件が発生し計31人が死亡したことに関して、銃や銃弾を販売する経営方針を変えないと発表した。

ウォルマートは銃の販売停止を求める長年の世論の圧力を受けて2015年にアサルトライフル(自動ないし半自動の小銃)の販売を中止し、18年には銃を購入できる最低年齢を21歳に引き上げていた。

銃規制強化を求める活動団体やウォルマートの顧客からは、銃と銃弾の販売を完全にやめるよう求める声が上がっている。

ソーシャルメディアでは「ウォルマート・シューティング」や「ボイコット・ウォルマート」といった言葉を使ったハッシュタグが広がった。

銃規制を訴える「ガンズ・ダウン・アメリカ」は5日、ウォルマートに銃の販売中止を求める嘆願活動を開始した。要求には、銃規制強化に反対する全米ライフル協会(NRA)から献金を受ける政治家への寄付の見合わせなども盛り込んだ。

ウォルマートの表明を受けてツイッター上には、今回のような事件を受けて銃の販売方針を変えないのは「ショックだ」などの書き込みが相次いだ。

テキサス州の乱射事件はメキシコとの国境に近いエルパソにあるウォルマートの店舗で発生し、22人が死亡した。

あわせて読みたい

「銃乱射」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    1枚1円レジ袋 大量買いの珍風景

    中川 淳一郎

  2. 2

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  3. 3

    駅前の果物販売は盗品? 投稿話題

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    「経済重視」で経済が回らない訳

    鈴木しんじ

  5. 5

    山手線 中国・韓国語表示消えた?

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    感染者数に囚われる日本の不思議

    自由人

  7. 7

    身近に感染者は? 約9割「0人」

    かさこ

  8. 8

    ユニクロの策 客をスタッフ勧誘

    文春オンライン

  9. 9

    西村大臣「団体旅行など控えて」

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    自粛続く限り追い込まれる飲食店

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。