記事

あいちトリエンナーレ2019 の悲しい顛末と一筋の光明

あいちトリエンナーレ2019の表現の不自由展・その後は、公権力の介入と脅迫により中止に追い込まれ、まさに表現の不自由という現代日本社会が表されるという、現代アートとしては大成功を収めた。

そんな、悲しい出来事の一方で、大村知事は極めてまっとうな人物であることを示し、男を上げた。

 

作品の評価とは全く別次元で、大村知事が言うように、公権力が介入することは論外で、その点で名古屋市長や日本維新の会の首長たちの論外さ、さらには菅官房長官の論外さも浮き彫りとなった。

あわせて読みたい

「あいちトリエンナーレ2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米朝首脳から無視され始めた韓国

    早川忠孝

  2. 2

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    韓国情勢はトランプ氏が元凶か

    小林よしのり

  4. 4

    韓国が教科書から漢江の奇跡削除

    SmartFLASH

  5. 5

    小室圭さん 2千万円の追加借金か

    女性自身

  6. 6

    文大統領が韓国を滅ぼす可能性も

    自由人

  7. 7

    「嘘の天国」韓国本が自国を批判

    高英起

  8. 8

    打倒自民だけの野党に国民は失望

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  10. 10

    住職の煽り運転めぐる報道に指摘

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。