記事

消費支出、6月は+2.7% 休日要因などで7カ月連続増=総務省


[東京 6日 ロイター] - 総務省が6日に発表した6月の家計調査によると、全世帯(単身世帯除く2人以上の世帯)の消費支出は27万6882円となり、前年同月に比べて実質で2.7%増加(変動調整値)した。増加は7カ月連続で、総務省は基調判断を「消費は持ち直している」に据え置いた。

ロイターが民間調査機関に行った聞き取り調査では前年比1.4%増が予想されていたが、結果はこれを上回った。季節調整済み前月比は実質2.8%減だった。

内訳をみると、教養娯楽や交通・通信などの伸びが目立つ。前年に比べて休日が1日多かったことで、国内パック旅行や鉄道・航空運賃などが増加。移動電話通信料は、携帯電話会社の新料金プランの導入で価格が下がり、実質増に寄与した面もある。

また、価格が下落している4Kテレビや、Windows7のサポート終了を控えた買い替えによるパソコン、エアコンなどの販売が好調だった。

単身世帯を含む「消費動向指数(CTI)」によると、世帯あたりの平均となる世帯消費動向指数(総世帯)が実質で前年比2.4%上昇、季節調整済み前月比は1.4%減少となった。

世帯全体の消費支出総額の推移となる総消費動向指数は実質で前年比0.7%上昇、前月比は横ばいだった。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「日本経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新型コロナで「新手の派遣切り」

    田中龍作

  2. 2

    副外相 中国への肺炎支援に異議

    鈴木馨祐

  3. 3

    百田氏 謝礼もらう保守論客いる

    女性自身

  4. 4

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  5. 5

    パパ活女性200人超が犯罪被害に

    NEWSポストセブン

  6. 6

    五輪巡る批判報道に無言の圧力か

    WEDGE Infinity

  7. 7

    なぜネットは社会学者を嫌うのか

    津田正太郎

  8. 8

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  9. 9

    低調な安倍内閣も信頼感ない野党

    早川忠孝

  10. 10

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。