記事
  • 孝好

もうみんな表現の自由を弄ぶのをやめよう!あとルールを決めようじゃないか

タイトル通り!!!!!

右も左も「表現の自由」を、自分の好きなものや主張を保護するためだけに使うのをやめよう!!!他人の好きなものや主張を同じように大事にするんだ。それが自分の嫌いなものや理解できないものでも。

自分の好きなものや主張は、絶対に他の誰かの嫌いなものだから。そして、嫌いなものを「これはヘイトスピーチ」とか「税金を使用するものではない」とか「セクハラ」とか「傷ついている人もいるんですよ!」とか「表でやるものではない」とか、ガタガタガタガタ・・・なんかそれっぽい理屈をつけて排除するのをやめろ。

絶対の正義なんて世の中に存在しないんだから、セーフアウトの線引きなんてどこにもない。だから、どんなものも線を引かずに「表現の自由」としてみんなで尊重しよう。

そして他人の好きなもの、自分の嫌いなものも、ぐっとこらえて「わからないけど認める」という訓練をしよう!!!
それが多様性を担保し、豊かな社会を作る基になる。自由な国の基になる。

もちろん、内心は無限に担保されている精神の自由も、表現の自由として社会に出たら誰かと必ずや衝突する。その時に、人から批判されるのは当然だ。批判するのも表現の自由だからだ。それはそれでいい。当たり前だ。

だから、ここで表現の自由を守るために、表現とその批判のルールを提唱したい。
「刑法は守ろう」

「人数を頼るのをやめよう」

「役所を巻き込んで批判するのやめよう」

ルール決めたうえで殴り合おうじゃないか。

僕は、ナチスの真似しても、総理をブルドーザーで轢いても、悪魔の詩を出版しても、税金で反政府展覧会やっても、ちょっと赤らんだ顔のアニメポスター作っても、テニプリの同人誌作っても、メイド型アンドロイドが掃除してる表紙描いても、下品な週刊誌が「ヤレる女子大生ランキング」作っても、はたらくくるま図鑑に自衛隊車両入れても、・・・・

身の危険を感じず、役所からもあれこれ言われない、共産党下部組織も押しかけてこない。そんな社会の方がきっと面白いと思う。

あわせて読みたい

「表現の自由」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米朝首脳から無視され始めた韓国

    早川忠孝

  2. 2

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    韓国情勢はトランプ氏が元凶か

    小林よしのり

  4. 4

    韓国が教科書から漢江の奇跡削除

    SmartFLASH

  5. 5

    小室圭さん 2千万円の追加借金か

    女性自身

  6. 6

    文大統領が韓国を滅ぼす可能性も

    自由人

  7. 7

    「嘘の天国」韓国本が自国を批判

    高英起

  8. 8

    打倒自民だけの野党に国民は失望

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  10. 10

    住職の煽り運転めぐる報道に指摘

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。